beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[総体]「ゴリゴリ行くのが好き」真性のストライカー、長崎総合科学大附FW安藤瑞季

このエントリーをはてなブックマークに追加

 飾ったプレーは要らないとばかりにゴールを目指す真性のストライカーは、「ゴリゴリ行くのが好きなんです」と、にこやかに語る。長崎総合科学大附高の2年生FW安藤瑞季は、U-17日本代表にも選ばれるなど飛躍のシーズンを迎えている。

 最大の武器はゴール前での激しさと強さ、そして速さだ。裏に飛び出していく感覚とスピード、そしてクロスボールに合わせる強さと巧妙さを併せ持つ。県予選では体の強さで相手を圧倒でき過ぎるために反則を取られてしまうことから、小嶺忠敏監督からは抑制を指示されていたというほどのコンタクトプレーの強さとゴールへの執着心は特筆に値するものがある。

 そうした生来の体の強さに加えて日本代表でもいきなりチームの輪の中に入っていったポジティブなマインドも大きな武器だ。レベルの高い環境にあってスポンジのように技術を吸収して帰ってきたため、小嶺監督を「本当に良い意味での余裕が出てきた」と驚かせた。自身も「周りが見えるようになった感覚がある。(詰まってからパスを選ぶのではなく)ここはあえてパスを選択するみたいな判断ができるようになった」と言う。

 代表に選ばれて満足という感覚もない。「(U-17代表で一緒に戦った中村)駿太(柏U-18)がU-19日本代表候補に選ばれたのは、正直ちょっと悔しかった。自分が初めて代表に呼ばれたときの感覚を忘れないようにしながら上を目指したい」と、さらなる高みも意識する。

 負傷明けで「全然ベストじゃなかった」県予選は計3得点。「本当に足りない。(得点は)少なすぎた。自分はストライカーなので得点を出すことをまず求められているし、結果を出さないといけない」と猛省。全国総体に向けては「まず最初の一勝を大事にしたい」と初戦へ全力を傾けることを強調した上で、「もっともっといいプレーをして、どんどん点を取りたい」と意欲的に語った。

(取材・文 川端暁彦)
▼関連リンク
【特設ページ】高校総体2016

TOP