beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

昨夏全国出場の東海大高輪台がPK戦で敗退。國學院久我山は0-2から逆転勝ち:東京B

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第96回全国高校サッカー選手権東京都Bブロック予選2回戦が21日から23日にかけて行われた。

 今夏のインターハイ出場に出場した実践学園高大成高に1-0で勝利。15年度全国準優勝の國學院久我山高は後半残り10分まで府中東高に0-2とリードされる苦しい展開となったが、そこからの2ゴールで追いつくと、延長戦で3ゴールを奪って5-2で逆転勝ちしている。

 35回目の選手権出場を目指す帝京高は創価高に2-0で勝利。一方で昨年のインターハイに出場した東海大高輪台高はPK戦の末、国士舘高に敗れた。

 そのほか、駿台学園高、大森学園高、日大豊山高がベスト8進出を決め、22日から23日に延期された駒場高暁星高戦は1-0で駒場が競り勝った。

 準々決勝は28日と29日に開催される。

[2回戦](10月21、22日、23日)
國學院久我山高 5-2(延長)府中東高
国立高 1-2(延長)駿台学園高
暁星高 0-1 駒場高
国士舘高 1-1(PK4-2)東海大高輪台高
帝京高 2-0 創価高
大森学園高 2-0 東亜学園高
日大豊山高 2-0 明大明治高
大成高 0-1 実践学園高

[準々決勝](10月28、29日)
國學院久我山高 vs 駿台学園高
駒場高 vs 国士舘高
帝京高 vs 大森学園高
日大豊山高 vs 実践学園高
●【特設】高校選手権2017

TOP