beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「かっこよくない」試合運びも目標達成!富山一が三菱養和を下してプレミア復帰、選手権に弾み

このエントリーをはてなブックマークに追加

富山一が2014年度以来4年ぶりのプレミア復帰を決めた

[12.17 高円宮杯プレミアリーグ参入戦決勝戦 富山一 4-1 三菱養和SCユース コカ広島ス]

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグ参入戦の決勝戦が17日、広島県内で行われた。富山一高(北信越1、富山)と三菱養和SCユース(関東3、東京)の一戦は、MF高縁海(3年)の2ゴールなどによって富山一が4-1で勝利し、2014年度以来4年ぶりのプレミア復帰を決めた。

 試合後、大塚一朗監督が「かっこよくない」と苦笑いした通り、富山一がこの日見せた試合運びは決して華麗とは言えなかった。それでも、したたかに、現実的に勝ちを目指し、きっちりと目標を達成した。

 普段は最終ラインからボールを繋ぎ、積極的に前方へと飛び出すサッカーを展開する富山一だが、この日は「(プリンスリーグ)関東を3位で上がってくるだけあって、養和はやっぱり上手い。自陣に引いてカウンターを狙っていた」(大塚監督)との言葉通り、後方に守備ブロックを敷き、一発を狙った。実際、序盤からU-17日本代表FW中村敬斗(2年)を起点に、MF松川隼也(2年)らにサイドを仕掛けられる場面が続いたが、「ボールを持たせている感じだった」(MF多賀啓志朗、3年)と苦にせず、対応していく。

 富山一が狙い通り守備からリズムを作ると、前半14分には左サイドの高い位置でスローインのチャンスを獲得。DF中田青(2年)のロングスローは一度、相手にクリアされたが、素早くゴール前に入れなおしたボールが相手DFに当たると、GKの脇を抜けて、ゴールネットを揺らした。31分には、FKの流れから三菱養和のDF加藤慎太郎(3年)に同点弾を許したが、39分にFKからFW坪井清志郎(3年)がヘディングシュート。GKが弾いたボールを中田がPA左で拾い、角度のない位置から左足シュートを決めて、2-1の1点リードで試合を折り返した。

 後半からは、富山一が開始の合図と共に攻勢を強め、1分にDF高浪陸(3年)が右サイドから強烈なシュートを放つ。すると、こぼれ球から混戦となり、相手にかき出されてしまったが、クリアボールに反応した高縁がミドルシュートを叩き込み、リードを広げた。

 ここからは、中央からサイドに活路を見出した三菱養和の中村にボールを持たれる場面が増えたが、「前半は前を向かれる機会が多かったので、自分とDFラインでコミュニケーションをとって、潰そうと考えていた」(多賀)と、富山一は複数人で囲い込み、決定的な仕事をさせない。さらに奪ってから素早くカウンターに転じると、後半15分に坪井のクロスから高縁がダイビングヘッドを決めて、試合の大局を決めた。以降は、きっちりと守り切り、4-1で富山一が勝利した。

 この結果により、Bチームのプリンス北信越昇格と、Cチームの県1部リーグ昇格が確定。来季は、より高いステージでの戦いが待ち受ける。大塚監督が「たくさん勝てていた今年とは違い、一つカテゴリーが上がる来年は負けが増えると思う。前回プレミアにいた頃も、どう残留するかをいつも考えていた。勝ったり負けたりが続くのは選手の成長には良いけど、俺の心臓が持たない」と冗談交じりに話すように、チーム全体で経験値を高める絶好の舞台を得たのは収穫だろう。

 また、間近に迫った全国選手権にも弾みがつく勝利となり、「北信越では高い位置で奪って、ボールを動かす形が多かったけど、選手権になるとそういうわけにはいかない。選手権までに奪って堅い守りとカウンターの精度を高めたい」(大塚監督)。

 チームにとって、今日の試合内容は価値がある。参入戦の2試合では得点の多くを占めてきた坪井とFW大竹将吾(3年)の2トップではなく、二列目やDFが6点を奪ったことも選手権に向けての収穫だろう。ただ、「もっと精度を上げなければいけない」(大塚監督)、「もっと強くなりたいし、上手くなりたい」(多賀)と声を揃えたように、現状に満足はしてはいない。選手権までに更に戦いの質を上げて、2度目の頂点に向けた準備を進めていく。

(取材・文 森田将義)
●高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグ

TOP