beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大宮DF和田が残留争った広島に完全移籍「1日でも早くチームの力に」

このエントリーをはてなブックマークに追加

大宮DF和田拓也が広島に完全移籍

 サンフレッチェ広島は28日、2018年シーズンより大宮アルディージャのDF和田拓也(27)が完全移籍で加入することが決定したと発表した。

 東京Vユース出身の和田は2009年のプロ入り後、東京Vと仙台を経て2013年に大宮へ移籍。自身のキャリア最長となる5シーズンを過ごしてきたが、チームは今季J1リーグ戦で18位に終わり、3年ぶりのJ2降格となっていた。一方、大宮と残留争いを繰り広げた広島は残留圏内ギリギリの15位となり、来季もJ1で戦うことが決まっている。

 和田は広島のクラブ公式サイトを通じ、「1日でも早くチームの力になれるよう、精一杯努力していきますので応援よろしくお願いします」と挨拶。そして大宮には「自分にとって、大宮アルディージャの選手、スタッフの皆さんと仕事ができたことは大きな財産です。大宮アルディージャに関わる全ての方々に心から感謝しています。本当にありがとうございました」とお礼を述べた。

以下、クラブ発表プロフィール

●DF和田拓也
(わだ・たくや)
■生年月日
1990年7月28日(27歳)
■身長/体重
170cm/63kg
■出身地
神奈川県
■経歴
ヴェルディJY-東京Vユース-東京V-仙台-大宮
■代表歴
2005年 U-15日本代表
2011年 U-22日本代表
■出場歴
J1リーグ:79試合
J2リーグ:108試合2得点
カップ戦:9試合
天皇杯:9試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ
●2018年Jリーグ移籍情報

TOP