beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

オーバメヤン初弾、ムヒタリアン3A!ラムジーハット達成のアーセナルが5発快勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

ピエール・エメリク・オーバメヤンが初ゴール

[2.3 プレミアリーグ第26節 アーセナル5-1エバートン]

 アーセナルは3日、プレミアリーグ第26節でエバートンをホームに迎え、5-1で快勝した。

 前節、降格圏に沈むスウォンジーに逆転負けを喫したアーセナルは、その試合から先発を2人変更。MFモハメド・エルネニーとFWアレクサンドル・ラカゼットに代え、今冬加入した元ドルトムントコンビのMFヘンリク・ムヒタリアンとFWピエール・エメリク・オーバメヤンがスタメン起用された。

 圧巻の前半だった。アーセナルは前半6分、オーバメヤンがPA右に展開したボールをムヒタリアンが中央へ折り返し、MFアーロン・ラムジーが右足で合わせて先制点。さらに14分、MFメスト・エジルの左CKをニアでDFシュコドラン・ムスタフィが頭でつなぎ、DFローラン・コシールニーがダイビングヘッドで押し込み、2-0とリードを広げた。

 攻撃の手を緩めないアーセナルは前半19分、カウンターからFWアレックス・イウォビの横パスをラムジーが右足ダイレクトでゴール左に突き刺し、3-0。37分には、ムヒタリアンのスルーパスに反応したオーバメヤンが左足チップキックで決め、リードを4点差に広げる。移籍後初先発を飾ったガボン代表FWが、早速ゴールを記録した。

 エバートンも意地をみせる。後半19分、左サイドからDFクコ・マルティナが上げたクロスをFWドミニク・カルバート・ルーウィンがヘディングシュートを叩き込み、1-4。しかし、アーセナルは29分、右サイド深くでボールを奪ったムヒタリアンが中央へ折り返し、ゴール前に走り込んだラムジーが右足で合わせ、試合を決定づけた。

 アーセナルはオーバメヤンのデビュー弾、ムヒタリアンの3アシスト、ラムジーのハットトリックなどで5-1と快勝。次節のノースロンドン・ダービーに大きな弾みを付けた。

●プレミアリーグ2017-18特集

TOP