beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

チアゴ逆転ダイビングヘッド!!試合巧者バイエルン、敵地でセビージャに先勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

バイエルンが敵地で先勝した

[4.3 欧州CL準々決勝第1戦 セビージャ1-2バイエルン]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は3日、準々決勝第1戦を行い、バイエルン(ドイツ)は敵地でセビージャ(スペイン)と対戦し、2-1で競り勝った。第2戦は11日にバイエルンのホームで行われる。

 序盤から一進一退の攻防が続くと、前半20分、セビージャに決定機が訪れる。DFセルヒオ・エスクデロが左サイドから低い弾道の速いクロスを入れ、MFホアキン・コレアが落としたボールにMFパブロ・サラビアが反応。右足シュートを放ったが、惜しくも右ポストを叩いた。

 絶好の先制機を逸したセビージャだったが、再びエスクデロとサラビアのホットラインからゴールを陥れる。前半32分、エスクデロが左後方から正確なアーリークロスを蹴り込み、PA内右に走り込んだサラビアが右肩でトラップし、今度は冷静に左足シュートでネットを揺らした。

 1点を追うバイエルンはアクシデントで早くも交代枠を使い、前半26分、負傷を押して出場していたMFアルトゥーロ・ビダルに代わってMFハメス・ロドリゲスを投入。するとその直後、ハメスが絡んだ攻撃からバイエルンが幸運な形で試合を振り出しに戻した。

 前半37分、右サイドのミュラーが中央に展開し、ドリブルで運んだハメスがPA内左のスペースにスルーパス。抜け出したMFフランク・リベリが右足でクロスを入れると、ブロックを試みたMFヘスス・ナバスに当たってコースが変わったボールをGKダビド・ソリアが防ぎきれず、そのままゴールマウスに吸い込まれた。

 1-1に追いついたバイエルンは後半開始と同時に2人目の交代枠を使い、DFファン・ベルナトに代えてDFラフィーニャを投入。後半は攻勢を強め、同3分、ハメスのスルーパスを受けたMFトーマス・ミュラーが右サイド深い位置からマイナスに戻し、リベリが右足ダイレクトでシュート。後半10分にはハメスがPA左手前からミドルで狙ったが、クロスバーを越えた。

 さらに後半21分、リベリのパスを受けたミュラーが右クロスを入れ、DFハビ・マルティネスが左足ダイレクトで叩いたが、決定的なシュートはGKソリアがファインセーブ。ついにバイエルンの猛攻が実り、後半23分、リベリのクロスにMFチアゴ・アルカンタラがダイビングヘッドで合わせ、ネットを揺らした。

 2-1と逆転に成功したバイエルン。反撃に出るセビージャはMFスティーヴン・エンゾンジやFWサンドロ・ラミレスがミドルシュートでゴールを脅かしたが、同点弾とはならず、試合終了のホイッスル。バイエルンが敵地での第1戦を2-1で制した。

●欧州CL17-18特集
●ブンデスリーガ2017-18特集

TOP