beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

伊藤達哉が初フル出場で得点演出、HSVが16試合ぶり勝利で最下位脱出

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW伊藤達哉が左サイドの突破からゴールを演出した

[4.7 ブンデスリーガ第29節 ハンブルガーSV3-2シャルケ]

 ブンデスリーガは7日、第29節2日目を行い、日本代表DF酒井高徳とFW伊藤達哉が所属するハンブルガーSVはホームでシャルケと対戦し、3-2で逆転勝利をおさめた。酒井と伊藤はともに先発。右サイドバックで先発した酒井は9試合連続でフル出場。伊藤は左サイドハーフで初のフル出場を果たし、得点に絡むなど16試合ぶりの勝利に貢献した。

 今節、降格圏17位ケルンとプレーオフ圏16位マインツが激突し、残留争いのライバル対決は引き分けに終わった。崖っぷちに瀕するハンブルガーSVは前半9分に失点。右後方からMFダニエル・カリジウリが右足で蹴り込んだFKにDFナウドが頭で合わせ、先制点を献上した。

 ハンブルガーSVも押し返し、セットプレーから試合を振り出しに戻した。前半17分、DFドウグラス・サントスが左サイドからふわりとしたスローインを入れ、ゴール前でバウンドしたボールに飛び込んだMFフィリプ・コスティッチが頭で押し込み、1-1で前半を折り返した。

 4-1-4-1の左サイドハーフに入った伊藤は後半7分に逆転ゴールを演出する。D・サントスのパスで左サイドを縦に仕掛けた伊藤は切り返して相手をかわし、PA内に進入してラストパス。ホルトビーがヒールで合わせたシュートはGKに防がれたが、こぼれ球を体で押し込んだ。

 2-1と逆転に成功したハンブルガーSV。しかし、地力で上回るシャルケが反撃に出る。後半18分、左サイドのロングスローからMFウェストン・マッケニーが縦パスを入れ、抜け出したMFレオン・ゴレツカが右足シュート。GKが体を当てて弾き出すと、DFに当たってこぼれたボールをFWギド・ブルクシュタラーが右足で押し込んだ。

 リードを守れず、2-2に追いつかれたハンブルガーSV。それでも残留に望みをつなぐため、諦めずにゴールに迫り、迎えた後半39分、MFアーロン・ハントが約25mの位置から左足を一閃。狙い澄ましたスーパーミドルをゴール左隅に突き刺し、再び逆転に成功した。

 打ち合いを制し、3-2で逆転勝利をおさめたハンブルガーSV。昨年11月26日に行われた第13節ホッフェンハイム戦(3-0)以来、16試合ぶりの勝利でケルンを上回り、最下位を脱出。プレーオフ圏の16位マインツと勝ち点5差に迫った。

●ブンデスリーガ2017-18特集
●海外組ガイド

TOP