beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

なでしこの“時間稼ぎ”で4強逃した韓国、地元紙は「まさに最悪のシナリオ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベスト4進出を逃した韓国女子代表

 日本女子代表(なでしこジャパン)は13日、W杯予選を兼ねた女子アジア杯グループBの第3戦でオーストラリア女子代表と対戦し、1-1で引き分けた。この結果、得失点差でオーストラリアが1位、得点数で韓国女子代表を上回るなでしこが2位となり、互いに準決勝進出を決めるとともにW杯出場権を獲得した。

 その一方、両国のドローでグループ3位に押し出され、ベスト4進出を逃す格好となったのが韓国だ。地元メディア『スポーツ韓国』では「まさに最悪のシナリオが現実になった」とし、なでしことオーストラリアの引き分け狙いとされる終盤のボール回しについても触れている。

 なでしことオーストラリアが1-1で迎えた終盤、他会場の韓国はベトナム女子代表に4-0とリード。このまま行けば、勝ち点5でなでしこ、オーストラリア、韓国の3チームが並ぶことになったが、当該チーム間の対戦成績で順位が決定するレギュレーションにより、韓国はグループ3位となる状況だった。

 なでしこは引き分けでもW杯出場を決められるシチュエーションだったことから、オーストラリアに同点弾を献上した後、アディショナルタイム2分も含めた約5分間、最終ラインでボールを回してリスクを避ける戦いを選択。オーストラリアも無理には奪いに行かず、両国の狙い通り1-1でタイムアップの笛が吹かれた。

 同メディアはこの終盤の戦いについて「両チームは約束でもしたかのように試合を進めた。日本は最終ラインの4人でボールを回して時間を稼いだ。オーストラリアは誰もプレッシャーをかけず、ただ時間をやり過ごそうとしていた。 2分のアディショナルタイムを含めて5分以上、時間を消費させる場面だけが続いた。結局、主審のホイッスルが鳴り、日本とオーストラリアは一緒に歓喜した」とレポートしている。

 ゴールラッシュも実らず、準決勝進出を逃した韓国。「ベトナムに4得点の大勝を収めても、涙を流さなければならなかった。最悪のシナリオで4強入りに失敗した」。こう同メディアが嘆くが、まだW杯出場の可能性は消えていない。17日に行われるA組3位フィリピン女子代表との5位決定戦で勝利すれば、W杯への最後の1枠をつかむことができる。

●女子アジア杯2018特設ページ

TOP