beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

『組長ロス』に朗報…浦和、大槻監督“最終章”のMDPを再販売

このエントリーをはてなブックマークに追加

浦和レッズの暫定監督を務めた大槻毅ヘッドコーチ

 浦和レッズは1日、第9節札幌戦のマッチデープログラムを再発売すると発表した。この試合は緊急登板から無敗で切り抜けた大槻毅前監督の最終戦。「組長」「アウトレイジ」と愛された指揮官が表紙に登場し、あまりの人気から異例の完売となっていた。

 浦和ユースの監督を務めていた大槻前監督は4月上旬、前指揮官の成績不振で暫定的な監督に就任。リーグ未勝利だったクラブを一気に浮上させ、公式戦4勝2分という好成績を叩き出した。オズワルド・オリヴェイラ新監督の就任を機に、指揮官の座からは退き、ヘッドコーチを務めている。

 対象号は4月21日に行われた第9節の札幌戦で販売された540号。2日の正午から浦和レッズオフィシャルショップの『レッド・ボルテージ』で販売が始まる。価格は税込み300円。通信販売は引き続き行われるという。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

TOP