beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[Rookie League]FW原やMF宮下が活躍。流経大柏が矢板中央破り、2連勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

流通経済大柏高は開幕2連勝

[4.30 Rookie League A Group第2節 矢板中央高 1-3流通経済大柏高 時之栖うさぎ島3]
 
 30日、「2018 Rookie League」A Group第2節で矢板中央高(栃木)と流通経済大柏高(千葉)が対戦。流経大柏が3-1で勝ち、開幕2連勝を飾った。
 
 パワーのある矢板中央に対し、スピードとパスワークで勝負した流経大柏はすでにプレミアリーグメンバーにとしてAチームに登録されている俊足FW原涼太が2試合連続ゴール。斉藤礼音コーチも認めるパフォーマンスで勝利に貢献した。

 またセカンドボールを拾い続け、サイドへ散らしたMF宮下蓮も流れを引き寄せるプレー。加えて、流経大柏はMF坂田康太郎のアシストから小柄なテクニシャン、FW三好麟大も2試合連続ゴールを決め、後半には交代出場のMF並木爽も初ゴールを決めた。

 一方の矢板中央は後半に司令塔のMF三河和矢がチームの今季初ゴール。だが、3点を失い、連敗スタートとなった。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
2018 Rookie League特集ページ

TOP