beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

酒井宏樹、大一番EL決勝で先発なるか…仏メディアは「フィフティ・フィフティ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

酒井宏樹はEL制覇をつかめるか

 マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹は、ヨーロッパリーグ(EL)決勝という大舞台で先発出場することになるのだろうか。

 マルセイユは16日、EL決勝でアトレティコ・マドリーと対戦する。直近に行われたギャンガン戦で先発復帰を果たした酒井だが、フランス『RMCスポーツ』によると、アトレティコ戦で先発する可能性は「フィフティ・フィフティ」だという。

 酒井が右サイドで争う相手はブナ・サール。サールは肩の負傷でギャンガン戦はメンバー外となっていたものの、深刻なケガではなく、EL決勝には間に合う見込みのようだ。そのため、サールと酒井のどちらが先発するかは最後までわからないと伝えられている。

 なお、10番で司令塔のFWディミトリ・パイェも1週間前にハムストリングを負傷。外せない選手であるため、先発する見込みではあるものの、「100%の状態で臨むことは難しい」と考えられている。

 経験で上回るアトレティコを打ち負かすため、最高の戦いを見せる必要があるが、どうやら簡単な試合とはならなそうだ。

●海外組ガイド
●EL17-18特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP