beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

DFヒメネスの決勝ヘッドでウルグアイが初戦白星!今大会最注目のエジプトFWサラーは出場せず

このエントリーをはてなブックマークに追加

DFホセ・ヒメネスが決勝点を決めた

[6.15 ロシアW杯A組 エジプト0-1ウルグアイ エカテリンブルク]

 ロシアW杯2日目が15日に行われ、エカテリンブルクアリーナではエジプト代表ウルグアイ代表が対戦。ウルグアイは終了間際にDFホセ・ヒメネスが得点を決め、1-0で勝利した。第2戦はエジプトが19日にロシアと、ウルグアイが20日にサウジアラビアと対戦する。

 28年ぶりのW杯出場となったエジプトだが、その原動力となった絶対的エースのサラーがUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦での左肩負傷の影響でベンチスタート。一方、3大会連続出場のウルグアイは2大エースのFWエジソン・カバーニとFWルイス・スアレスが2トップで最前線に並んだ。

 前半は拮抗状態のまま進む。ウルグアイはDFディエゴ・ゴディン、ヒメネスが最終ラインに立ちはだかり、20歳のMFロドリゴ・ベンタンクールがボールを運ぶ。前半8分、PA手前でボールを持ったカバーニが右足シュートを放つが、地を這う弾道はGKモハメド・アル・シャナウィにキャッチされた。24分には右CKのこぼれ球をファーサイドで収めたスアレスが右足ボレー。しかしわずかにゴール左外へはずれた。

 エジプトはMFモハメド・エルネニーを起点にカウンターを狙うが、エース不在の影響が出て最前線まで運べない。トップ下のMFアブダラー・サイドが果敢にボールを運び、前半26分にはMFトレゼゲがPA内から右足シュートを放つがゴディンがブロック。勢いが落ちたボールはGKフェルナンド・ムスレラにセーブされた。

 0-0で前半を折り返すと、後半開始1分にウルグアイの両エースがチャンスをつくる。中盤のカバーニが冷静にボールをコントロールし、浮き球のスルーパス。反応したスアレスが最終ラインを強引に突破し、PA右から右足シュートを放つ。しかし、アル・シャナウィのスーパーセーブに阻まれた。

 エジプトは後半27分、右サイドにこぼれたボールをDFアハメド・ファティが豪快に打つも、シュートはムスレラの正面に。ウルグアイは28分、カバーニのパスからスアレスがPA左に抜け出すが、アル・シャナウィの身を挺した飛び出しでシュートまで行けず。38分にはカバーニが鋭い右足ボレーを放つが、アル・シャナウィの再三のスーパーセーブに遭った。

 終盤までに両者は交代カードを3枚使い切り、エジプトはサラーを出場させず。するとウルグアイは後半44分、途中出場のMFカルロス・サンチェスが右サイドからFKを放ち、ヒメネスが強烈なヘディングシュートをゴール右に決める。終了間際の劇的弾でウルグアイが1-0の勝利。大事な初戦を白星で飾った。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

TOP