beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

指揮官も称賛の司令塔、大舞台で輝いた柴崎が意識したのは…

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表MF柴崎岳

[6.19 ロシアW杯グループリーグ第1節 日本2-1コロンビア サランスク]

「ずっと目標にしてきた」大舞台。燃えないわけがない。日本代表MF柴崎岳は中盤の底に入って攻撃をコントロールするだけでなく、気持ちを前面に出した激しい寄せで相手からボールを奪い取るなど、攻守で存在感を示した。

 背番号7は意識していた。「より多くの回数ボールに触ろう」と――。試合開始早々の前半3分にMFカルロス・サンチェスが退場して数的優位に立ったものの、「正直、ちょっとやりづらい部分もあった」と振り返る。4-2-3-1のシステムでスタートしたコロンビアはトップ下のポジションを削り、4-4-1に形を変更。「後ろは4-4のラインが引かれて、前線が1人いなくなっただけ」であり、「数的有利を前半の内に感じることはあまりなかった」ようだ。

 だが、「11人であっても10人であっても」ボールに触れる回数を増やそうと意識していた柴崎は、ボランチの位置でボールを呼び込むと前を向き、的確なパスで攻撃陣を操る。「個人としては前半よりもちょっと前に位置を取った」後半も変わらずにリズムを生み出すと、「ボールを回すにつれて相手も疲れてきていたので、より押し込むことができた」と語った。

「相手の間、間に入って行きながら良いテンポでボールが回って、僕自身も前向きで、より前に推進力を持ってプレーできたのは、良い流れをつかんでいたと感じる」

 守備面でも的確な読みと激しい寄せでボール奪取を見せていたが、後半35分にサンティアゴ・アリアスに右足首を踏まれた影響で、MF山口蛍との交代を余儀なくされた。日本が勝利する瞬間をベンチで迎えたものの、試合後に西野朗監督が「柴崎がよくゲームメイクしてくれた」と称賛したように、大舞台で持ち味を発揮してチームの白星発進に大きく貢献したのは間違いない。

(取材・文 折戸岳彦)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

TOP