beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

シャキリが土壇場V弾!“半端ない”ジャカ砲も炸裂したスイスがセルビアに逆転勝ち

このエントリーをはてなブックマークに追加

決勝ゴールを決めたシェルダン・シャキリ

[6.22 W杯E組第2節 セルビア1-2スイス カリーニングラード]

 ロシアW杯は22日、グループリーグ第2節を行った。E組のスイス代表セルビア代表と対戦し、2-1で勝利した。

 DFアレクサンダル・コラロフのFK弾によりコスタリカを下し、白星発進となったセルビア。スタメンを1人変更し、MFアデム・リャイッチに代えてMFフィリプ・コスティッチを起用した。ブラジルとの初戦を引き分けで終えたスイスは、同じ11人をピッチに送り出し、今大会初勝利を目指した。

 試合は開始早々に動いた。セルビアは前半5分、右サイドの高い位置でMFネマニャ・マティッチがボールを奪い、MFドゥサン・タディッチが左足でクロスを供給。FWアレクサンダル・ミトロビッチが打点の高いヘディングシュートを叩き込み、先制のゴールネットを揺らした。

 早々に先制点を許したスイスは、右サイドのMFシェルダン・シャキリが中央に入ってゲームを組み立て、攻撃にリズムが生まれる。決定機は前半30分だった。MFグラニト・ジャカの縦パスをPA左手前で受けたMFシュテフェン・ツバーがゴール前に浮き球パス。これに反応したMFブレリム・ジェマイリが右足アウトで合わせるが、GKウラジミール・ストイコビッチのファインセーブに阻まれ、チャンスを逃した。

 前半は合計19本(セルビア10本、スイス9本)のシュートが乱れ飛ぶ白熱した展開となった。1点を追うスイスは後半開始からFWハリス・セフェロビッチに代え、FWマリオ・ガブラノビッチを投入。すると7分、ドリブルで仕掛けたMFシュテフェン・ツバーがPA右へ送ったパスからシャキリが左足を振り抜くが、相手DFのブロックに遭う。しかし、こぼれ球に反応したジャカがPA左手前から左足を一閃。GKから逃げていくようなシュートがゴール右隅に突き刺さり、スイスが試合を振り出しに戻した。

 さらにスイスは後半13分、右サイド深くまでボールを持ち込んだシャキリが中央へカットイン。相手に引っかかってPA右にこぼれたボールを反転から強引に左足シュートを放つが、惜しくも左ポストをかすめ、一気に逆転とはならず。後半は押し気味に試合を進めるスイスは、28分にジェマイリに代えてFWブレール・エンボロを入れ、さらに攻勢を強めた。

 セルビアもリャイッチやFWネマニャ・ラドニッチを入れ、流れを変えようとしたが、後半は決定的なシーンを作り出すことができない。すると、スイスは後半45分、自陣のクリアボールから縦につなぎ、ジャカがスルーパス。絶妙なタイミングで抜け出したシャキリがそのままGKとの1対1を制し、2-1。スイスが逆転勝利を飾り、勝ち点4に伸ばして決勝トーナメント進出へ望みをつないだ。

 なお、最終節は27日に行われ、セルビアがブラジル、スイスがコスタリカと戦う。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

TOP