beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ドローで一歩前進、長谷部「勝てたゲームだと思うけど…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表MF長谷部誠

[6.24 ロシアW杯グループリーグ第2節 日本2-2セネガル エカテリンブルク]

 2度先行される厳しい展開となった。しかし、2度のリードを許しながらも粘り強く、その都度追い付いた。2-2のドロー。勝ち点1の上積みに終わったものの、日本代表MF長谷部誠は「悪くない結果」と上を向いた。

 序盤はセネガルの速さと強さに手を焼いて後手に回り、前半11分には先制点を献上した。「スピードに乗ったドリブルをさせると、抜かれる場面が多かったので、できるだけそういう場面を作らせないように考えた」。徐々にセネガルの攻撃に対応し始めると、同34分にMF乾貴士のゴールで同点に追い付く。

 後半26分にはセネガルに勝ち越しを許しながらも、同33分にMF本田圭佑が同点ゴールを奪って2-2のドローに持ち込んだ。

「試合を通して自分たちの方がチャンスは多かった。そんなにやられたという感覚はない」と語ったキャプテンは、「もちろん勝てたゲームだと思うけど、常に先行された展開を追い付いてというゲームだったので、悪くない結果だと思う」と振り返った。

 勝ち点を4に伸ばした日本は決勝トーナメント進出に一歩前進。直後に行われた試合でコロンビアがポーランドに3-0の勝利を収めたため、28日のポーランド戦を引き分け以上で終えれば日本は自力でグループリーグ突破を決めることになる。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

TOP