beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プレビュー]ベスト8最後の枠を賭けた争い!! コロンビアvsイングランド、対照的なエースは…

このエントリーをはてなブックマークに追加

イングランド代表FWハリー・ケインコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス

[7.3 ロシアW杯決勝トーナメント1回戦 コロンビア(日本時間3日27:00)イングランド モスクワ/スパルタク]

 決勝トーナメント1回戦、最後に登場するのがコロンビア代表イングランド代表だ。この試合の勝者が、ベスト8行きの最後の切符を手にすることになる。

 初戦の日本戦でつまづいたコロンビアだったが、その後はきっちりと立て直した。第2戦で同じく黒星スタートとなったポーランドとの生き残りを賭けた一戦で3-0の快勝を収めると、続くセネガル戦ではDFジェリー・ミナの2試合連続弾を守り抜き、逆転での首位通過を決めた。勢いに乗っていることは間違いないが、背番号10を背負うMFハメス・ロドリゲスの状態に不安を残している。

 初戦前にふくらはぎの負傷が伝えられたハメスは、日本戦の後半14分から出場したものの、体が重そうでキレのあるプレーを披露できず。ポーランド戦では先発フル出場を果たすと2点を演出して復調の兆しを見せたが、続くセネガル戦の前半31分に負傷交代し、イングランド戦を欠場する可能性が報じられる。コンディションの上がらないハメスを欠くことになろうとも、日本戦で直接FKを叩き込んだトップ下のMFフアン・フェルナンド・キンテロ、最大の得点源となるFWラダメル・ファルカオ、快速アタッカーMFフアン・クアドラードらを中心とした攻撃陣が、2試合連続完封中と安定したディフェンスを見せる守備陣の期待に応えたいところだ。

 対するイングランドは対戦相手に恵まれたとはいえ、初戦でチュニジアを2-1、第2戦でパナマを6-1で下して早々とグループリーグ突破を決めた。エースのFWハリー・ケインは2戦5発と絶好調をキープ。第3戦ベルギー戦ではケインを含む主力の多くを休養させることができたため、コロンビア戦ではコンディション万全で臨むことになる。仮に勝利を収めれば次戦はスウェーデン対スイスの勝者、さらに準決勝ではロシア対クロアチアの勝者と顔を合わせる。何れもW杯優勝経験はなく、強国と呼ばれるチームとの対戦が待ち構えているわけではない。66年の母国開催以来となる優勝を狙う絶好の機会を逃さないためにも、コロンビアからきっちり勝利を収め、まずは06年ドイツ大会以来の8強入りを果たしたい。

■FIFAランキング
コロンビア 16位
イングランド 12位

■対戦成績
コロンビア 2分3敗

■テレビ中継
NHK


★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

TOP