beacon
TOP > PICK UP記事詳細
このエントリーをはてなブックマークに追加
イングランド代表
(6大会連続15回目)

■ロシアW杯日程
06/18 〇2-1 チュニジア [ボルゴグラード]
06/24 21:00 パナマ [ニジニ・ノブゴロド]
06/28 27:00 ベルギー [カリーニングラード]
★2018W杯ロシア大会特集ページ

■イングランド代表最新メンバー※18/6/4発表
(ロシアW杯メンバー)

▽GK
1 ジョーダン・ピックフォード(エバートン)
13 ジャック・バトランド(ストーク・シティ)
23 ニック・ポープ(バーンリー)

▽DF
2 カイル・ウォーカー(マンチェスター・C)
3 ダニー・ローズ(トッテナム)
5 ジョン・ストーンズ(マンチェスター・C)
6 ハリー・マグワイア(レスター・シティ)
12 キーラン・トリッピアー(トッテナム)
15 ガリー・ケーヒル(チェルシー)
16 フィル・ジョーンズ(マンチェスター・U)
17 ファビアン・デルフ(マンチェスター・C)
18 アシュリー・ヤング(マンチェスター・U)
22 トレント・アレクサンダー・アーノルド(リバプール)

▽MF
4 エリック・ダイアー(トッテナム)
7 ジェシー・リンガード(マンチェスター・U)
8 ジョーダン・ヘンダーソン(リバプール)
20 デレ・アリ(トッテナム)
21 ルベン・ロフタス・チーク(クリスタル・パレス)

▽FW
9 ハリー・ケイン(トッテナム)
10 ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)
11 ジェイミー・バーディ(レスター・シティ)
14 ダニー・ウェルベック(アーセナル)
19 マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)

■監督
ガレス・サウスゲート
(イングランド)1970.9.3

■イングランド代表チーム紹介
 欧州予選を無敗(8勝2分)で戦い抜いたイングランドは、4バックから3バックに完全移行。それにより、予選後に行われた強化マッチ6試合でわずか2失点と守備に安定感をもたらし、仕上がりは良好だ。また、エースのFWハリー・ケインがプレミアリーグで4年連続20ゴール以上を記録。彼をサポートするFWラヒーム・スターリングやMFデレ・アリと生きのよい若手が台頭し、充実した戦力を備えている。しかし、“スリー・ライオンズ”の心配点はFWウェイン・ルーニーのような精神的支柱の不在と、W杯出場国で3番目に若いという大舞台での経験のなさだろう。キーパーも75キャップのGKジョー・ハートを外すなど各セクションで不安はつきまとう。それでもタレントが揃っているのは間違いなく、その若手が勢いづけば一気に駆け上がる可能性もある。近年、国際大会で結果を残せていないイングランドだが、1966年大会以来の優勝を目指してグループリーグ初戦から2連勝し、最終節ベルギー戦を臨みたいところだ。

■イングランド代表チームデータ
W杯過去最高成績:優勝1回(1966年)
EURO過去最高成績:3位(1968年)

■イングランド代表の過去のW杯成績
1930年:(不参加)
1934年:(不参加)
1938年:(不参加)
1950年:グループリーグ敗退
1954年:ベスト8
1958年:グループリーグ敗退
1962年:ベスト8
1966年:優勝
1970年:ベスト8
1974年:(予選敗退)
1978年:(予選敗退)
1982年:2次リーグ敗退
1986年:ベスト8
1990年:4位
1994年:(予選敗退)
1998年:ベスト16
2002年:ベスト8
2006年:ベスト8
2010年:ベスト16(★大会メンバーリスト)
2014年:グループリーグ敗退(★大会メンバーリスト)

■イングランド代表の過去のEURO本大会成績
1960年:(不参加)
1964年:(不参加)
1968年:3位
1972年:(予選敗退)
1976年:(予選敗退)
1980年:グループリーグ敗退
1984年:(予選敗退)
1988年:グループリーグ敗退
1992年:グループリーグ敗退
1996年:ベスト4
2000年:グループリーグ敗退
2004年:ベスト8
2008年:(予選敗退)
2012年:ベスト8(★大会メンバーリスト)
2016年:ベスト16(★大会メンバーリスト)

TOP