beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ザッケローニ、メッシに厳しい見解「W杯で傲慢な印象を受けた。一生懸命でない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ザッケローニがメッシの怠慢を指摘

 元日本代表監督で現在はUAE(アラブ首長国連邦)の指揮を執るアルベルト・ザッケローニ氏が16日、イタリアラジオ局『ラディオ24』のインタビューに応じ、ロシアW杯について振り返った。

 65歳のイタリア人指揮官は、フランスの優勝に終わったロシアW杯の感想を述べた。決勝で微妙な判定となった38分のPKについて、ザッケローニは首をかしげる。

「昨日の決勝では、クロアチアの方が気に入った。フランスは全体的に素晴らしい試合をできていなかった。だが才能ある選手がたくさんいる。それでも私は、決勝がこの2チームになることは想像してなかった。PK?私はなかったと思う。ボールの方が(イヴァン)ペリシッチの腕の方へ飛んでおり、その逆ではないからだ。3点目、4点目のシーンにおいて、(ダニエル)スバシッチは全く動かなかった。私が思うに、コンディションが良くなかったのだろう。試合中、足を気にするそぶりも見えた」

 続いてザッケローニは、今年のバロンドールの行方を占った。優勝国フランスの19歳が受賞することを予想した。

「バロンドールは(キリアン)ムバッペの手に渡るだろうと思う。だがもし決勝でクロアチアが勝利していれば、(ルカ)モドリッチが取っていただろう」

 最後に元日本代表指揮官は、ラウンド16でフランスに敗れ、大会を去ったアルゼンチンのエースFWリオネル・メッシについて、自身の見解を示した。

「W杯では期待外れになった。模範となるべき選手らしい態度が一切なく、傲慢であるような印象を私は受けた。一生懸命取り組んでいない。バルセロナのような、特別なチームでの習慣なのは理解できるが、アルゼンチンでは、腕まくりをして汗水を流さなければならない。クラブとは違うメッシだった」

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP