beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

衝撃の先発デビュー…山形の巨漢DF、ファーストプレーで味方を負傷退場させてしまう

このエントリーをはてなブックマークに追加

思わぬ先発デビューとなった山形DFジャイロ・ロドリゲス(写真はJ2第22節・横浜FC戦)

[7.21 J2第24節 山形-新潟 NDスタ]

 思わぬスタメンデビューとなってしまった。21日のJ2第24節・ホーム新潟戦で移籍後初先発を果たしたモンテディオ山形のDFジャイロ・ロドリゲスは、前半1分に味方のMF松本怜大と激しく接触。頭を強く打った松本は開始早々に負傷交代を強いられる事態となった。

 今季から山形に加入するも、開幕前に全治約6か月の大怪我を負ったジャイロ・ロドリゲス。今月7日のJ2第22節・アウェー横浜FC戦(1-1)で終盤に途中出場し、ようやく新天地デビューを果たしていた。

 190cm・84kgと大柄な体格を誇るブラジル人DFは本拠地で迎えた今節、3バックの左で先発デビュー。キックオフ直後に新潟DF広瀬健太からMF戸嶋祥郎へロングボールが送られると、落下地点には松本がいたが、ジャイロ・ロドリゲスが果敢に前へ出て競りに行く。

 しかし、ヘディングでボールを跳ね返すと同時に松本と激突。地面に打ちつけられるように落下した松本は倒れたまま起き上がれなくなる。その後、松本は頭部を固定する器具を着けて担架でピッチの外へ。代わって前半5分にFW北川柊斗が投入された。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第24節 スコア速報 スコア速報

TOP