beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

辛くも逃げ切った磐田U-18が連勝で決勝Tへ! 熊本ユースは終盤の猛攻も及ばず…

このエントリーをはてなブックマークに追加

最後の最後まで猛攻をしかけた熊本ユースに対し、磐田U-18が辛くも逃げ切った

[7.23 日本クラブユース選手権U-18大会GL第2節 磐田U-18 1-0 熊本ユース 前橋総合]

 第42回日本クラブユース選手権サッカー選手権(U-18)大会は2日目の23日、グループリーグ第2節を各地で開催した。前橋総合運動公園サッカー場の第2試合ではジュビロ磐田U-18ロアッソ熊本ユースが対戦。PKで先制点を奪った磐田が1-0で逃げ切り、最終節を残して決勝トーナメント進出を決めた。

 序盤は風上を生かした磐田が完全に主導権を握った。最前線に張るFW三木直土(2年)が鋭い裏抜けで相手守備陣を押し下げると、左右からMF岩元ルナ(3年)、MF平澤拓実(3年)の両サイドハーフがクロス攻勢を敢行。だが、熊本のセンターバックを担うDF宮嵜海斗(3年)、DF相澤佑哉(3年)のコンビがしぶとく跳ね返した。

 気温38.9度を記録した中、前半20分すぎにクーリング・ブレイクを実施。選手たちはベンチでゆっくりと身体を冷やした。すると前半28分、磐田は相手の守備の乱れに乗じてPA内を突破した三木がPA内で宮嵜に倒されてPKを獲得。これを三木が落ち着いて決め、貴重な先制点が入った。

 後半は反対に、風上の熊本がペースをつかんだ。6分、MF駒木秀人(3年)を起点に右サイドバックのDF澤田航汰(3年)が縦に走り、クロスに反応したのはMF上野正騎(2年)。ニアにMF樋口叶(2年)も入っていた厚みのある攻撃からネットを揺らしたが、副審はオフサイドフラッグを上げた。

 さらに後半11分、駒木の縦パスに再び上野が抜け出したが、ここでもわずかにオフサイド。FW小野田涼(2年)が相手最終ラインと駆け引きしつつ、右サイドで澤田と駒木が組み立て、樋口と上野が崩すという形を立て続けに見せた。同17分にはFW小島圭巽(2年)、同24分にはMF尾下真輝人(2年)を入れ、消耗戦の中で何とか追撃を試みる。

 磐田は終盤、右サイドを突破した岩元がDF吉井凌雅(2年)に倒されてFKを得るが、得点には結びつかず。熊本は後半終了間際の35分、縦パスに小島が抜け出すもボールはGK杉本光希(2年)がキャッチ。同アディショナルタイムには吉井のクロスから上野がつなぎ、樋口がボレーで狙ったが、相手に当たって枠を外れた。そのままスコアは動かずタイムアップ。熊本の猛追は及ばず、前節に続いてまたしても1点に泣き、決勝トーナメント進出の夢は断たれた。

 磐田の世登泰二監督は「(第1試合でFC東京U-18が勝っていたため)うちが勝てば2チーム抜けが決まる試合。ここで勝ったことによって、次のFC東京戦ではラウンド16に向けた準備も含めた戦い方ができる。サブの選手たちを試したり、先を見据えた戦いをしたい」と2連勝の効果を喜んだ。

 初めて参戦中のプレミアリーグEASTでは3勝6敗と負け越しが続くが、「トーナメントに入れば、一発勝負のスリルはリーグ戦とは違った刺激になる。勢いがあるチームが勝ち上がっていくはず」と指摘。上位進出に向けて「自分たちもそんなチームのなかに入っていきたい」と意気込みを口にした。

(取材・文 竹内達也)
●第42回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会特集ページ

TOP