beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

GKがトップ2独占!今夏のプレミアリーグ移籍金トップ10の顔ぶれは…

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケパ・アリサバラガとアリソン・ベッカーとGKがトップ2独占

 イングランドの移籍市場が9日に閉幕。プレミアリーグ各クラブが総額12億6000万ポンド(約1800億円)を補強に費やしたようだが、英『テレグラフ』によると、チェルシーに加入したスペイン代表GKケパ・アリサバラガ(23)の移籍金が今夏プレミアリーグで一番高額だったようだ。

 絶対的守護神のティボー・クルトワレアル・マドリーに移籍したチェルシーは8日、ビルバオからケパを獲得したことを発表。移籍金は7160万ポンド(102億300万円)で“GK史上最高額”となった。

 ケパの次に高額移籍を果たしたのは、ローマから6600万ポンド(93億9000万円)でリバプールに加入したブラジル代表GKアリソン・ベッカー(25)。3番目は、レスター・シティで“奇跡の優勝”の立役者となったマンチェスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ(27)となっている。

 今夏のプレミアリーグ移籍金トップ10は以下の通り。

1位:GKケパ・アリサバラガ(ビルバオ→チェルシー)
7160万ポンド(102億300万円)

2位:GKアリソン・ベッカー(ローマ→リバプール)
6600万ポンド(93億9000万円)

3位:MFリヤド・マフレズ(レスター・シティ→マンチェスター・C)
6000万ポンド(85億5000万円)

4位:MFジョルジーニョ(ナポリ→チェルシー)
5300万ポンド(75億5250万円)

5位:MFナビ・ケイタ(ライプツィヒ→リバプール)
5280万ポンド(75億2400万円)

6位:MFフレッジ(シャフタール→マンチェスター・U)
5250万ポンド(74億7000万円)

7位:MFファビーニョ(モナコ→リバプール)
4370万ポンド(62億1700万円)

8位:MFフェリペ・アンデルソン(ラツィオ→ウエスト・ハム)
4200万ポンド(59億8500万円)

9位:MFリシャルリソン(ワトフォード→エバートン)
4000万ポンド(56億9100万円)

10位:MFジャン・ミシェル・セリ(ニース→フルハム)
3500万ポンド(49億8000万円)

●プレミアリーグ2018-19特集

TOP