beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ベイルが1G1A!ウェールズがアイルランドに4発快勝、新設リーグ白星発進

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガレス・ベイルが1ゴール1アシストの活躍

[9.6 UNL第1節 ウェールズ4-1アイルランド]

 6日、新設されたUEFAネーションズリーグ(UNL)が開幕。リーグBのグループ4に所属するウェールズ代表はアイルランド代表と対戦し、4-1で勝利した。

 ライアン・ギグス氏が率いるウェールズは、FWガレス・ベイルやMFアーロン・ラムジー、DFベン・デイビス、DFアシュリー・ウィリアムズらを起用し、新リーグの初戦に臨んだ。

 ウェールズは試合開始からフルスロットルだった。まずは前半6分、MFジョー・アレンのスルーパスを呼び込んだMFトム・ローレンスがPA内から右足シュートを決め、早々に先制に成功する。さらに18分、自陣でデイビスがボールを奪うと一気に前線へロングパスを送る。これを受けたベイルがPA右手前から中央へ切れ込んで左足を一閃。強烈なシュートがゴール左に突き刺さり、2-0とリードを広げた。

 勢いが止まらないウェールズは前半37分、ハーフェーライン付近でDFイーサン・アンパドゥがボールを奪い、そのままドリブルで前に運ぶ。アンパドゥのパスをPA右で受けたラムジーが右足でニアに蹴り込み、3-0。ホームサポーターの声援を受け、ウェールズが試合を優勢に進めた。

 ウェールズは後半10分、左サイドからベイルがシュート性のクロスを入れると、ペナルティーアーク右脇で受けたDFコナー・ロバーツが左足でねじ込み、4-0。21分には、最終ラインでのパス回しに加わっていたラムジーのコントロールミスを突かれ、MFショーン・ウィリアムズに1点を返されてしまう。それでも試合は4-1で終了。ウェールズが白星スタートを切った。

●UEFAネーションズリーグ18-19特集

TOP