beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

東京Vが李栄直の千金V弾で暫定4位! 痛恨ミスの徳島MFは前半で交代に

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF李栄直が値千金の決勝点

[10.21 J2第38節 東京V 2-1 徳島 味スタ]

 J2第38節が21日に行われ、7位東京ヴェルディはホームで8位徳島ヴォルティスに2-1で勝利した。前半6分にFWレアンドロの移籍後初ゴールで先制し、後半20分に徳島のFWバラルに同点弾を許したが、途中出場のMF李栄直が同アディショナルタイム3分に値千金の決勝ゴール。2連勝で暫定4位に浮上した。

 J1参入プレーオフ圏内を巡る直接対決。試合は開始早々に思わぬ形で動いた。

 前半6分、徳島のMFシシーニョがGK梶川裕嗣にバックパスを出すと、読んでいた東京Vのレアンドロがカット。梶川をかわしてPA内左のゴールライン際から左足でシュートを放ち、DF石井秀典がクリアし損なったボールがネットを揺らす。今年7月に移籍したレアンドロは、これが待望の加入後初ゴールとなった。

 ミスから先制を許した徳島は失点後に猛反撃を見せる。前半20分にMF岩尾憲の右CKから、古巣戦のDFキム・ジョンピルがドンピシャのヘディングシュート。しかし、GK上福元直人に正面でキャッチされる。

 さらに前半29分、テンポのいいパスワークからFW杉本太郎がPA内右に抜け出すが、右足のシュートは再びGK上福元がストップ。同31分には失点に絡んだシシーニョを下げてMF内田裕斗を投入したものの、1点ビハインドで前半を終えた。

 決め切れないシーンが続いた徳島は、後半20分に追いつく。MF表原玄太が2人を振り切ってPA内右に持ち込み、マイナス方向にパス。ニアのバラルが右足で流し込み、今夏の加入から12試合で9得点目を挙げた。

 徳島は同点とした後もボールを保持して相手を押し込む。しかし、次の1点を奪ったのは東京Vだった。

 後半アディショナルタイム3分、FW泉澤仁が左サイドからクロスを上げると、ファーでDF井筒陸也に競り勝った李栄直が豪快なヘディングをゴール左に叩き込み、古巣を相手に劇的な決勝点をマーク。徳島は攻勢の時間帯でチャンスをモノにできず、4連敗で5試合勝ちなし(1分4敗)となった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第38節3日目 スコア速報

TOP