beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

酒井宏フル出場も…マルセイユはスコアレスドローで連勝ストップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF酒井宏樹はフル出場

[12.2 リーグアン第15節 マルセイユ0-0スタッド・ランス]

 フランス・リーグアンは2日に第15節を行い、日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユはホームでスタッド・ランスと対戦し、0-0で引き分けた。酒井は左サイドバックでフル出場している。

 11月29日のヨーロッパリーグ(EL)グループリーグ第5節・フランクフルト戦(0-4)では、すでに大会の敗退が決定しており、主力も温存したため大敗。しかしその雰囲気を今節にも持ち込んでしまった。マルセイユは終始相手ゴールに迫るも0-0で試合は終了し、リーグ戦連勝はストップ。終了後、マルセイユサポーターからはブーイングが飛び交った。

 フル出場した酒井は左サイドから果敢に攻守に動いた。後半18分にはMFマキシム・ロぺスのスルーパスに反応し、相手守備陣の裏に抜けながらカットインしてPA手前から右足シュート。惜しくも枠外にはずれたものの、存在感を発揮していた。

●海外組ガイド
●フランス・リーグアン2018-19特集

TOP