beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[横山杯]“個々の成長”を目標に掲げる駒澤大高。後半3発で法政二を下して白星発進

このエントリーをはてなブックマークに追加

鮮やかな追加点を決めた駒澤大高MF黒木弘也(2年)

[12.28 横山杯決勝リーグ 法政二高0-3駒澤大高 HASAKI SOCCER VILLAGE B面]

 来年度の躍進を狙う強豪校の1、2年生たちが「サッカータウン波崎」で力を磨く「横山杯 第19回全国ユース招待サッカー大会」の1st Division Topは28日、決勝リーグに突入した。第2グループ第1節では、駒澤大高(東京)が3-0で法政二高(神奈川)を下し、ファイナルゲーム(決勝戦)へ好スタートを切った。

 全国高校サッカー選手権を控えている駒澤大高は、「今大会はチーム作りより、個人の成長を掲げ、トップチームで活躍できる選手をここから多く輩出できればと思っている」と江川高輔コーチが語るように、同大会のメンバー入りを惜しくも逃した1、2年生たちの成長を、横山杯の目標として掲げている。

 立ち上がりは、法政二が押し込む展開となった。前半9分にFW柘植脩也(2年)が右足で鋭いシュートを打ち込むと、29分にはMF菅原都月(2年)の突破から最後はMF佐藤凜(2年)がシュートを放つなど、果敢にゴールに迫った。しかし、得点できずにいると、気を引き締めた直した駒澤大高が徐々にペースをつかみ、前半は発揮できなかった「立ち上がりの強さ・良さ」という持ち味を生かして後半キックオフ直後にゴールネットを揺らした。

 駒澤大高は後半1分、MF湯浅織人(2年)がドリブルで中央突破を図ると、プレッシャーをかけた相手のクリアボールが湯浅に当たって、そのままゴールに吸い込まれ、先制に成功する。法政二は失点直後にMF伊藤未咲(1年)とMF溝口駿(1年)を投入するなど、選手やポジションを入れ替えながら相手ゴールに迫ったが、なかなか決定的なシーンを作り出せず、同点に追いつくことができない。

 すると、駒澤大高は後半14分、左サイドから湯浅が中央へグラウンダーのパスを供給し、ペナルティーアーク内にフリーで走り込んだMF黒木弘也(2年)がダイレクトで左足を一閃。鮮やかなシュートがゴール左に突き刺さり、2-0とする。さらに17分、DF松本悠佑(2年)の左CKからMF林駿佑(2年)がヘディングシュートを叩き込み、3-0。守備でもMF上田汰一(2年)やDF内田哲平(2年)らが落ち着いた対応でシュートを打たせず、駒澤大高が完封勝利を飾った。

(取材・文 清水祐一、取材協力 スポーツマネジメント)
▼関連リンク
横山杯 第19回全国ユース招待サッカー大会特設ページ
横山杯大会公式ページ

TOP