beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「欧州に行く前の堂安のレベルまで来た」進化する久保建英を長谷川監督が手放しで称賛

このエントリーをはてなブックマークに追加

攻守に際立ったMF久保建英を指揮官も絶賛した

[2.23 J1第1節 川崎F0-0FC東京 等々力]

 王者川崎フロンターレを攻守に圧倒した17歳MF久保建英長谷川健太監督は「素晴らしいの一言」と手放しで称賛した。

「時間とともに建英のところで時間を作ることができた。相手にとって非常に嫌な攻撃を仕掛けていた。風下でも、相手の背後にいいボールを供給してくれた。交代するまで守備の穴も作らなかった。昨シーズンからの上積み、成長をみなさんにお見せすることができたんじゃないかなと思います」

 前半41分に右ポスト直撃の強烈FKを放つなど持ち前の攻撃力は健在だったが、半年前からプレースタイルが進化した。前線から献身的に守備に走れば、繰り返しセカンドボールを回収。フィジカルも強化され、対峙したDF車屋紳太郎に競り勝ち、体を入れてボールを奪取。前線にスルーパスを配給し、カウンターの起点となった。

「全てが成長している。精神的にもマリノスに出て外の世界を知ったと思う。その中で子供のメンタルが大人のメンタルに変わりつつある。昨シーズンまではすぐ奪われたり、フィジカル的に追いつかなくて倒されたりした。奪われなくなったし、仕掛けることもできるようになった。この年代の一年の成長は素晴らしいなと思います」

 成長著しい17歳は、長谷川監督がG大阪を指揮していた2年前、U-20W杯の活躍後にフローニンゲン(オランダ)へ巣立った元教え子MF堂安律に重なったようだ。

「ヨーロッパに行く前の堂安のレベルまでは来た。Jリーグで順調に経験を積んで、ワールドユースで刺激を受ければ、またすぐにヨーロッパから声がかかるんじゃないかな。すでにそういうレベルにきているんじゃないかなと思います」。会見は久保に関する質問に終始したが、指揮官は最後まで賛辞を惜しまなかった。

(取材・文 佐藤亜希子)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP