beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

風間2発&前田遼一デビューの岐阜が5年ぶり開幕白星! 山形は2年連続で初戦落とす

このエントリーをはてなブックマークに追加
[2.24 J2第1節 岐阜2-0山形 長良川]

 J2第1節が24日に行われ、FC岐阜はホームでモンテディオ山形を2-0で下した。後半8分にMF風間宏矢が先制ゴールを挙げると、同27分には追加点を奪取。岐阜は2014年以来、5年ぶりに開幕白星スタートを飾った。

 大木武監督が就任して3シーズン目を迎える岐阜は、新加入の元日本代表FW前田遼一がベンチスタート。一方、同じく就任3年目の木山隆之監督が率いる山形は、G大阪から完全移籍した10番FW井出遥也がスタメン出場した。

 岐阜は大木監督の就任以降、山形とのリーグ戦は1分3敗と未勝利。立ち上がりからボールを保持しながらも山形の守備を崩し切れない時間が続き、前半はスコアレスで終える。

 後半に入り、徐々に両チームともゴールへ迫るシーンが増える中、均衡を破ったのはホームの岐阜だった。後半8分、FWライアン・デ・フリースがキープから右外を駆け上がったDF柳澤亘につなぐと、柳澤のマイナスの折り返しにPA内中央でフリーの風間が反応。右足のインサイドキックで丁寧にゴール右隅に決め、1-0とした。

 後半15分にはライアン・デ・フリースが絶妙なスルーパスを送り、PA内右にフリーで走り込んだFW山岸祐也が右足でシュート。決定機だったが、ゴール左へ外してしまう。

 それでも後半27分、山岸のスルーパスに走り込んだ風間がPA内左に抜け出し、左足のダイレクトシュートをゴール右に突き刺す。同36分には前田が途中出場で新天地デビューを果たすと、岐阜はそのままリードを守り切り、2-0で完封勝利。敗れた山形は2年連続で開幕戦黒星となった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第1節 スコア速報

TOP