beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ガットゥーゾ、ラツィオとの第1戦スコアレスに一定の満足感「守備はよくやった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は一定の評価を下した

 ミランジェンナーロ・ガットゥーゾ監督はラツィオ戦のスコアレスドローに一定の評価を下しているようだ。『RAI Sport』が報じた。

 ミランは26日、コッパ・イタリア準決勝ファーストレグでラツィオと対戦。アウェーでの初戦をスコアレスで終えている。ガットゥーゾ監督は試合後、攻撃陣の出来に不満を示しつつ、守備陣の奮闘には喜びをあらわにした。

「ここ数試合のクオリティを考えれば、後退と言えるだろう。ただ、180分間で決まるということはわかっている。ラツィオは4、5人でプレッシャーをかけてきたし、守備面ではよくやったと思う。残念ながらファイナルサードではミスが多すぎたけどね」

 一方、ラツィオのシモーネ・インザーギ監督は「我々にはゴールだけが欠けていた。選手たちは素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた」とコメントを残している。

●コッパ・イタリア2018-19特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP