beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

水戸が再始動の勝利で開幕6戦無敗! 昇格組の鹿児島は“J2の洗礼”続く

このエントリーをはてなブックマークに追加

水戸を率いる長谷部茂利監督

[3.30 J2第6節 水戸1-0鹿児島 KSスタ]

 J2第6節が30日に行われ、4位水戸ホーリーホックはホームで18位鹿児島ユナイテッドFCと対戦し、1-0の完封勝利を収めた。前半45分にセットプレーの流れからFW清水慎太郎が決勝点を記録。開幕3連勝から直近2試合はドローと足踏みが続いたが、3戦ぶりに勝ち点3を獲得した。

 開始から何度もゴールに迫った水戸。前半24分、右サイドのMF茂木駿佑のFKからDF岸田翔平がヘディングでゴール右に押し込むが、オフサイドで得点は認められない。

 その後も決め切れないまま時間が経過したが、ハーフタイム直前に清水が嫌な雰囲気を払拭する。前半45分、右CKのショートコーナーからMF木村祐志がクロスを送ると、ニアでジャンプした鹿児島FW韓勇太の頭をかすめたボールがファーへ。これが鹿児島新加入のMF酒本憲幸と清水に当たってゴール左に向かい、ラインを越える前に清水が右足で押し込んだ。

 清水は3試合ぶりとなる今季3得点目をマーク。後半も優勢に進めた水戸は追加点こそ奪えなかったものの、1-0で逃げ切り、開幕からの無敗をキープした。昇格組の鹿児島は今季2度目の2連敗。開幕戦では徳島に4-3で競り勝つ派手なゲームを見せたが、その後の5試合は1得点5失点で未勝利(1分4敗)となっている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第6節 スコア速報

TOP