beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

名古屋がGKランゲラックの診断結果を発表、脳震盪で治療期間は約1週間

このエントリーをはてなブックマークに追加

ランゲラックは脳震盪と診断された

[故障者情報]

 名古屋グランパスは14日、GKランゲラックが脳震盪と診断されたことを発表した。治療期間は約1週間の見込み。

 13日に行われたJ1第7節・横浜FM戦に先発出場したランゲラックは、前半29分にクロスへの対応で相手と交錯して倒れ、プレー続行が不可能となり、GK武田洋平と交代。ハーフタイムに救急車で病院に搬送されたという。

 試合後の会見に出席した風間八宏監督は「正式には聞いていませんが、それほど大きなケガではなく大丈夫だということです」と語っていた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP