beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アルゼンチンが窮地…パラグアイとドローで1分1敗、最終節はカタールと対戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ

 コパ・アメリカ(南米選手権)は19日、グループリーグ2試合を行った。B組のアルゼンチンはパラグアイと1-1で引き分け、通算成績は1分け1敗。グループリーグ敗退の危機に瀕している。

 グループリーグ初戦でコロンビアに0-2で敗れたアルゼンチン。再起を期して2試合目に臨んだが、前半37分に失点を喫してしまう。パラグアイのMFミゲル・アルミロンが左サイドを強引に駆け上がり、マイナス方向への折り返しを配球すると、FWリチャル・サンチェスが球際を制して押し込んだ。

 1点を追うアルゼンチンは後半10分、途中出場のMFオスカル・ロメロのシュートが相手のハンドを誘い、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の介入によりPKを獲得。FWリオネル・メッシがキッカーを担うと、相手GKに軌道を読まれたものの強烈なキックを叩き込み、同点に追いついた。

 ところが後半15分、アルゼンチンはDFニコラス・オタメンディがFWデルリス・ゴンザレスを後方から倒し、今度はパラグアイにPK。それでも同18分、D・ゴンザレスのキックはGKフランコ・アルマーニが止め、窮地からはなんとか逃れた。しかし、試合はそのまま終了。自力でのグループリーグ突破の可能性がなくなった。

 なお、もう1試合では同じくB組のコロンビアが招待国のカタールと対戦。拮抗した展開が続いたが、後半41分にDFデュバン・サパタのゴールが決まり、コロンビアが1-0で勝利した。開幕2連勝のコロンビアはすでにグループリーグ首位通過が決定。カタールは最終節のアルゼンチン戦で決勝トーナメント進出に挑む。

●コパ・アメリカ(南米選手権)2019特集
★コパ・アメリカが観られるのはDAZNだけ!全試合を独占ライブ配信

TOP