beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ついに札幌に別れ…25歳MF中原彰吾が仙台に完全移籍「約16年間ありがとうございました」

このエントリーをはてなブックマークに追加

中原彰吾が札幌に別れ(写真は2014年のもの)

 ベガルタ仙台は25日、北海道コンサドーレ札幌のMF中原彰吾(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。

 札幌アカデミー育ちの中原は、2012年にトップチーム昇格。その後、タイのコーンケンFC、ガンバ大阪、V・ファーレン長崎に期限付き移籍。今季は3シーズンぶりに札幌でプレーしていた。

 クラブを通じて「今回の移籍は僕にとって、大きなチャレンジです。強い覚悟を持ち、チームの勝利、自身のさらなる成長のために、全身全霊をかけてプレーしたいと思います。ユアテックスタジアム仙台でファン、サポーターのみなさんと共に戦えることを楽しみにしています。応援よろしくお願いします」と新天地のファンに挨拶した。

 また、札幌を通じては「3シーズンぶりに札幌に戻ってきて半年で出て行くのは悔しい気持ちもありますが必要としてくれた場所で新たなチャレンジをすることを決めました。これから札幌はどんどん成長していくチームだと思います。僕もその勢いに負けないよう頑張って行きたいと思いますのでこれからも応援してくれたら嬉しいです。抜けた年もありますがスクールから合わせて約16年間ありがとうございました」と感謝の言葉を述べた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP