beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

運命の連戦へ…レアル久保建英、独アウディカップで先発か

このエントリーをはてなブックマークに追加

久保建英のトップチーム定着なるか

 26日、インターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)のレアル・マドリーvsアトレティコ・マドリーは7-3という、両チーム合わせて10ゴールとなる大量得点で決着した。

 日本代表MF久保建英は61分から途中出場。自身のボールロストから失点の起因となった場面もあったが、89分にはバイタルエリアから左足で強烈なミドルを放つなど、決定機を創出。このシュートはGKヤン・オブラクに阻まれたが、ここから波状攻撃を仕掛けてレアルは3点目をマークした。

 この試合で久保の出場時間は30分弱だったものの、スペイン『マルカ』内では、この試合でレアル内の「ベストプレーヤー」に選出された。この投票はウェブ上、ファン投票によるものだが、1位は久保建英、2位にGKケイラー・ナバス、3位にはFWロドリゴが選出されている。

『マルカ』では久保について「イスコが務めるようなプレーメーカーとしてピッチに登場した。だが、彼が試合に出場したときに勝負はすでに大勢が決していた(1-6)こともあり、この試合の働きについて、分析対象とするのは厳しい」と説明。

 そのうえで「それでも素晴らしいショットを見せた。オブラクが懸命のセーブをしなければ、間違いなくゴールだった」と続け、久保が放ったミドルを称賛した。

 その一方で北米大手メディア『ESPN』はMFマルコ・アセンシオが長期離脱、そしてFWガレス・ベイルは退団が濃厚となっていることもあり、チームが抱えている課題点のトピックを「右サイドの適任者を探すこと」と紹介。

 その中では「アウディカップで指揮官(ジネディーヌ)ジダンは、カスティージャの所属選手でもあるロドリゴと久保建英を試すことになるかもしれない」と伝えている。

 アウディカップでレアルは30日、トッテナムと戦う。勝利すれば翌31日に行われる決勝へ、敗れた場合3位決定戦へ回ることとなり、バイエルンかフェネルバフチェのどちらかと戦うことが確定している。

 30日、31日と連日の試合になるため、チームの主力だったとしても連戦の出場は事実上不可能となり、ジダン監督はターンオーバーによる大幅な選手入れ替えを余儀なくされる。つまり、北米3連戦では2試合に途中出場した久保だったが、アウディカップでは30日、及び31日のどちらかの試合で、先発出場する可能性も十分にあり得る状況だ。

 その試合が30日のトッテナム戦なのか、それとも31日の決勝及び3位決定戦なのかは現時点で不明なうえ、すべては指揮官の裁量で決まる。だが久保にとってはアウディカップが、トップチームに定着できるかどうかを大きく左右する、重要なアピールの場となることは間違いなさそうだ。

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP