beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“ファン・ダイク超え”間近…マンU指揮官「近日中に発表できれば」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハリー・マグワイアマンチェスター・ユナイテッド行きが近づいている

 レスター・シティに所属するイングランド代表DFハリー・マグワイア(26)のマンチェスター・ユナイテッド行きが近づいている。

 クラブ公式サイトによれば、オーレ・グンナー・スールシャール監督は「細かい部分も決まって、近日中に発表できればと思う。まずは詳細の部分を詰める」と語り、移籍は秒読み段階であることを認めた。

 ユナイテッドはプレシーズンマッチを無敗で終え、11日にチェルシーとプレミアリーグ開幕戦を戦う。指揮官は「ただ、彼は夏の間に数試合しかプレーしていないので、(チェルシー戦に出場可能かどうかを判断する上で)状態を見極めないといけない」と、起用には慎重な姿勢をみせた。

 2017年6月にハル・シティからレスターに加入したマグワイアは、身長194cmで体重100kgというフィジカルをいかした強烈なタックル、空中戦に強いCB。セットプレーや最終ラインからドリブルで運ぶことも可能で、攻守でチームに貢献している。同年8月にイングランド代表にも招集されており、2018年ロシア・ワールドカップで代表初ゴールも記録した。

 英『BBC』によれば、移籍金は8000万ポンド(約103億6200万円)になる見込み。これは2018年1月にサウサンプトンからリバプールに加入したDFフィルヒル・ファン・ダイクの移籍金7500万ポンド(約97億1450万円)を上回り、DF史上最高額となる。

●プレミアリーグ2019-20特集

TOP