beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

一美2ゴールの京都、4-0圧勝で暫定首位!! 守備崩れた東京Vは永井体制初黒星

このエントリーをはてなブックマークに追加

2ゴールを挙げた京都サンガF.C.のFW一美和成

[8.4 J2第26節 京都4-0東京V たけびし]

 J2リーグは4日、第26節を各地で行い、京都サンガF.C.東京ヴェルディを4-0で破った。G大阪から期限付き移籍中のFW一美和成が今季11得点目に乗せる2ゴール。得失点差を大きくプラスに伸ばし、1時間遅くキックオフした柏の結果次第では首位に立つ可能性が出てきた。

 京都は本拠地がたけびしスタジアム京都に改名されて最初の試合。ミッドウィークに行われた前節の金沢戦(△1-1)から先発6人を大幅に入れ替えると、対する東京Vも前節の栃木戦(△0-0)から5人を変更し、互いにフレッシュなメンバーで臨んだ。

 先に決定機を迎えたのは東京V。前半9分、右サイドでMF梶川諒太からのスルーパスを受けたMF小池純輝がフリーで攻め上がり、中央に優しくグラウンダーのクロスを送ったが、マークを外したFWレアンドロのシュートは枠を外れた。

 するとその後、京都が立て続けに得点を重ねた。前半16分、相手のクリアを拾ったFWジュニーニョがゴール前に横パスを送ると、一美のシュートが相手に当たってゴールイン。また直後の17分、今度は東京VのGK上福元直人のパスミスを突いたジュニーニョがそのまま左足で流し込み、さらに1点を追加した。

 さらに京都は前半26分、MF庄司悦大のフィードに一美が抜け出すと、落ち着いたコントロールから右足を振り抜き、3点目を奪取。一方的に守勢となった東京Vは直後、4-4-2の変則システムから3-4-3にシステムを変更し、守備にテコ入れを加えた。

 3点ビハインドで迎えたハーフタイム、東京Vの永井秀樹監督は思い切った2枚替えを敢行。DF平智広とDF李栄直の両センターバックを下げ、MF内田達也とMF澤井直人を投入した。再びシステムは変則的な4-4-2。サイドバックのDF奈良輪雄太はMF登録のため、DFを本職とする選手がピッチ上から消えた。

 すると後半3分、早々に京都が勝ち越した。敵陣でのパス回しでセンターバックのMF山本理仁を釣り出し、中盤に攻め上がったDF安藤淳がそのスペースをフィードで着くと、抜け出したのはFW宮吉拓実。落ち着いたトラップから右足を振り抜いてネットを揺らした。

 その後は徐々に東京Vがペースを取り戻すも、依然として主導権は京都。交代カードを有効に使ってボールを支配した京都がそのまま試合を締め、4得点差での大勝を飾った。4試合負けなしだった東京Vは永井体制4試合目で初黒星となった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP