beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

プレースキッカーとして覚醒中…豊川雄太が芸術FKで今季初ゴール!

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW豊川雄太が直接FKで今季初ゴール

[8.10 ベルギー・リーグ第3節 オイペン1-1ベフェレン]

 ベルギー・リーグ第3節が10日に行われ、FW豊川雄太の所属するオイペンはホームでベフェレンと対戦し、1-1で引き分けた。2試合ぶりにスタメン出場した豊川は後半10分に同点ゴールを挙げ、今季初得点を記録。同43分までプレーし、チームの連敗ストップに貢献している。

 開幕2連敗中のオイペンは前半28分に失点。左サイドからクロスを送られ、PA内中央のFWベニ・バディバンガにヘディングを叩き込まれた。

 それでも後半10分に豊川がチームを救う。PA左脇のFKでキッカーを務めると、角度のない位置から右足でゴール右上を射抜くビューティフル弾。左CKで今季初アシストを記録した前節ゲント戦(1-6)に続き、再びプレースキックから今季初ゴールをマークした。

 豊川は後半43分に途中交代。オイペンはそのまま1-1でベフェレンと引き分け、開幕からの連敗を2で止めた。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2019-20特集

TOP