beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

久保建英がカスティージャの攻撃を牽引、スペイン紙「チームは敗戦も輝いた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

久保建英がカスティージャでフル出場

 レアル・マドリー・カスティージャ(Bチーム)に所属する日本代表MF久保建英が、クルトゥラル・レオネサ(スペイン3部)とのテストマッチで違いをみせた。スペイン『マルカ』が報じている。

 14日、カスティージャはレオネサとテストマッチを行い、0-3で敗れた。背番号7をつけた久保は、4-3-3の右ウイングでフル出場。前半11分、敵陣中央でパスを受けてドリブルで運び、パス交換からPA左に進入。フェイントで相手のマークをはがし、左足を振り抜いたが枠を外れた。

 前半17分、右サイドのハーフェーライン付近で相手を華麗に抜き去り、PA右手前から中央にパスを出してチャンスを演出。2点ビハインドの前半40分には、PA右に出たパスにフリーで走り込み、左足シュートを放ったがGKに阻まれ、こぼれ球に詰めた味方のシュートもクロスバーを叩き、決定機を逃した。

 後半に入っても久保は果敢にゴールに迫った。後半19分、PA左からのマイナスの折り返しを左足ダイレクトで狙うが決めきれず。直後の後半20分には、スルーパスに抜け出して相手に寄せられながらも右足シュート。絶好のチャンスだったが、GKのファインセーブに阻まれ、移籍後初ゴールとはならなかった。

 チームは完封負けを喫したが、『マルカ』は「久保はカスティージャの敗戦にもかかわらず輝いた」と見出しを打ち、「ラウルのチームは、最初の30分間で久保をメインに試合を支配した。カスティージャは、日本の右ウイングが何度もチャンスを作ったが、巻き返せなかった」と伝えた。

 なお、カスティージャはスペイン3部ブルゴスとのテストマッチを経て、25日にラス・ロサスとの開幕戦を迎える。

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集

TOP