beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

横谷が古巣大宮から後半AT劇的弾!!“小瀬劇場”起こした甲府が暫定6位へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

甲府FW横谷繁が古巣相手に決勝ゴール

[8.31 J2第30節 甲府1-0大宮 中銀スタ]

 J2第30節が31日に行われ、7位ヴァンフォーレ甲府はホームで3位大宮アルディージャに1-0で勝利した。後半アディショナルタイム3分に元大宮のFW横谷繁がPKで決勝点をマーク。暫定でJ1参入プレーオフ圏内の6位に浮上した。

 甲府は前節の千葉戦(3-0)からスタメン1人を変更し、出場停止明けのFWドゥドゥが2試合ぶりに先発復帰。対する大宮は今季最多5失点を喫した前節の愛媛戦(1-5)から3人を入れ替え、DF河本裕之、MF茨田陽生、FWフアンマ・デルガドがスタメン起用された。

 甲府はFWピーター・ウタカやドゥドゥの個人技、大宮はフアンマをターゲットとした攻撃でゴールに迫り、前半からスリリングな展開となる。しかし、両チームとも守備陣の集中力が高く、ゴールが生まれないままハーフタイムを迎えた。

 後半もゴール前の攻防が続く中、大宮は後半24分に昨季J2得点王のFW大前元紀、同30分に直近4試合3ゴールのFWロビン・シモヴィッチを投入する。

 1点を奪いに来る大宮に対し、甲府は後半31分に決定機を創出。敵陣中央でこぼれ球を拾ったドゥドゥが素早くパスを出し、途中出場のMFアラーノがフリーでPA内左に進入。しかし、左足のシュートはゴール右に外れた。

 それでも後半アディショナルタイム1分にドゥドゥがPA内で倒され、PKを獲得する。同アディショナルタイム3分にPKキッカーを任されたのは、今季大宮から甲府に完全移籍した横谷。GK加藤有輝の逆を突いて右足でゴール左に突き刺し、古巣相手に劇的な決勝ゴールを挙げた。

 敗れた大宮は2連敗。今節の自動昇格圏内への返り咲きは逃した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第30節1日目 スコア速報

TOP