beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

マンCの司令塔がJリーグ入り?来夏の加入に向けて交渉中か

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダビド・シルバが神戸と交渉中?

 マンチェスター・シティに所属するスペイン代表MFダビド・シルバ(33)が、同クラブとの契約満了後、ヴィッセル神戸に加入する可能性が浮上している。英『デイリー・メール』が伝えた。

 バレンシアの下部組織育ちのシルバは、エイバルとセルタへの期限付き移籍を経て、2010年6月にシティに加入。足もとの技術に優れ、視野の広さをいかしたゲームメイクなど同クラブの司令塔として、ここまで公式戦409試合で73ゴール134アシストを記録しており、4度のプレミアリーグ優勝を含む10個のタイトル獲得に貢献してきた。

 シティとの契約は今季限りとなっており、すでにシーズン終了後の退団を明言しているシルバ。新天地に注目が集まる中、同紙によると、シルバはスペイン代表でチームメイトだったMFアンドレス・イニエスタとFWダビド・ビジャに続いて、神戸に加入する予定とのこと。すでに交渉中と報じている。

 一方、シルバは昨年、故郷のクラブであるラス・パルマスでプレーすることを希望していると明言。さらにデイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるアメリカMLSに参入するインテル・マイアミ、カタールのクラブなどが獲得に関心を示しているようだ。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●プレミアリーグ2019-20特集
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP