beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

冨安は加入後初のベンチに…主力温存ボローニャはコッパ・イタリア4回戦で4失点大敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF冨安健洋は加入後初のベンチスタートで出番なしに終わる

[12.4 コッパ・イタリア4回戦 ウディネーゼ4-0ボローニャ]

 コッパ・イタリアの4回戦が4日に行われ、DF冨安健洋が所属するボローニャは敵地でウディネーゼと対戦。0-4で大敗を喫し、4回戦敗退となった。冨安は加入後初のベンチスタートとなり、そのまま出番は来なかった。

 冨安を始め、主力はメンバー外かベンチ入りとなったボローニャ。すると、ウディネーゼは前半24分からコンスタントに得点を奪っていく。FWケビン・ラザーニャがボールカットからカウンターを仕掛け、こぼれ球をMFアントニン・バラークがドリブルシュートで沈める。さらに同42分にはラザーニャの左サイドからのFKをニアサイドのDFブラム・ナイティンクが頭でそらし、ファーサイドのDFセバスチャン・ドゥ・マイオが押し込んだ。

 前半を2-0で折り返すと、ウディネーゼは後半32分、MFロランド・マンドラゴラの左足シュートがゴールに突き刺さる。試合終了間際にはラザーニャがダメ押しの4点目を沈め、ウディネーゼが4-0で快勝。5回戦進出を決めた。

●海外組ガイド
●セリエA2019-20特集
●コッパ・イタリア2019-20特集

TOP