beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

守備の成長示して興國を被シュート2本で完封も、昌平CB西澤「守備にフォーカスされなくてもいい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

昌平高CB西澤寧晟はベンチから「パーフェクト」と評される守備

[1.2 選手権2回戦 昌平高 2-0 興國高 浦和駒場]

 その技術力と攻撃力に定評のある昌平高(埼玉)だが、U-17日本代表FW杉浦力斗(2年)やU-17日本代表候補FW樺山諒乃介(2年)ら攻撃タレントを擁した「注目の初出場校」興國高(大阪)をシュート2本に封じて完封勝利。藤島崇之監督は「攻撃のところをフォーカスしてやって行こうと言っていましたけれども、ウチは今年、ディフェンスがよくなってきているので、そう言った意味で奪い方とか連動性を持って相手を見ながら判断できたのかなと思います」と評価していた。

 前線から変化を加えながらのプレッシング、中盤で奪い取る部分、そして最終ラインの安定感も光る試合だった。特にCB西澤寧晟(3年)はSB背後のスペースへ抜け出してくる相手FWを封鎖。1対1の間合いの良さ、ハードワークで牽引する西澤については村松明人コーチも「(ベンチでも言っていたが、)パーフェクト。アイツはやられない」と絶賛していた。

 西澤は「あそこの対人とか1対1は得意としているところだったし、絶対に負けたくなかったので、ちゃんと抑えることができて良かったです。(興國に)上手い選手がいることは分かっていたんですけれども、昌平にも上手い選手がいっぱいいるので特にそんなに心配はしていませんでした」。普段の練習では昌平のテクニシャンたちと対峙。それ以上の攻撃をしてくるチームは少ないが、この日も普段築いたイメージを越えてくるモノはなかったようだ。

 守備の成長を見せつけた試合となったが、西澤は「自分的には守備にフォーカスされなくてもいいと思っている」。西澤とCB柳澤直成(3年)、左SB大竹琉生(3年)、右SB 柳田亘輝(3年)のDFラインやGK 牧之瀬皓太(3年)がフォーカスされることが少ない。だが、西澤は自分たちが好守で取り上げられることよりも、チームが攻撃的な自分たちの試合をして勝つことを目標に掲げる。

「自分とかバックラインの選手が目立つことがないのが理想だと思っています」。だからこそ、3回戦でも未然にピンチを防いで勝利に貢献する意気込みだ。この日、前半の課題を修正することに成功し、自信を得た昌平DF陣が國學院久我山高との3回戦でも後方からチームを支えて勝つ。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2019

TOP