beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「追いかける展開は楽しかった」静学の2年生SB田邉、全国初失点にも動じず

このエントリーをはてなブックマークに追加

静岡学園の2年生サイドバック、DF田邉秀斗(写真協力=高校サッカー年鑑)

[1.13 選手権決勝 青森山田高 2-3 静岡学園高 埼玉]

 本職はセンターバックの2年生DFが右サイドバックとして全国制覇に貢献した。静岡学園高(静岡)のDF田邉秀斗(2年)は「まだ(優勝の)実感はない」と苦笑いしながらも、「3年生が勝った瞬間、泣いていて、自分も泣いてしまった。1年間という短い時間だったけど、一緒にやれて良かった」と感慨深げに話した。

 20~30mの初速ではMF松村優太(3年、鹿島内定)にも負けないスピードを持ち、身体能力にも秀でたDFはメンタリティーの面でも2年生らしからぬ頼もしさがある。5試合連続の完封勝利で決勝まで勝ち上がってきたチームは前半11分にFKから先制を許し、同33分にはPKを決められた。今大会初失点から2点を追う展開となる中、田邉は「最初に失点して、追いかける展開は楽しかった」と、逆境にもプラス思考を崩さなかった。

 総体の県予選決勝では清水桜が丘に0-2から追いつきながら延長戦の末、2-3で敗れ、全国への切符を逃していた。「最後の最後でひっくり返せたのは、今年1年で力を付けたからなのかなと思う」。24年ぶり2回目の優勝、単独では悲願の初優勝。最終学年となる来年度は本職のセンターバックに戻ることが予想される次代のDFリーダーは、次なる目標に向かって、すぐにリスターを切る。

(取材・文 西山紘平)

●【特設】高校選手権2019

TOP