beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「ボールを渡したらほぼゴール前まで行ってくれる」攻撃陣を支えた静岡学園MF藤田悠介

このエントリーをはてなブックマークに追加

優秀選手入りした静岡学園高MF藤田悠介(写真協力=高校サッカー年鑑)

[1.13 選手権決勝 青森山田高 2-3 静岡学園高 埼玉]

 静岡学園高(静岡)のボランチとして全試合に先発、優勝に大きく貢献したMF藤田悠介(3年)。「自分の持ち味である守備の切り替えの部分だったり、中盤でしっかりパスをつなぐ部分」は、選手権という舞台でも発揮できていたと実感している。

 準決勝までの5試合は無失点で来ていたが、青森山田戦で今大会初失点。リードを2点に広げられたが前半アディショナルタイムに1点を返して最初の45分を終えた。静岡学園はハーフタイムに藤田に代えてMF草柳祐介(3年)を投入。草柳を左SHに入れて、 MF小山尚紀(3年)を中央に。浅倉とMF井堀二昭(3年)がボランチにおさまった。「小山(尚紀)をトップ下に入れて、俺(浅倉廉)と井堀(二昭)で組み立ててっていう意図がありました」(浅倉)。

 悔しさを飲み込み藤田は気持ちを切り替えた。「絶対に勝つと思っていたので、ベンチにいてもずっと声を出していて、仲間を信じていました」。ピッチを退いても最後までともに戦った。

 強力な攻撃陣をすぐ後ろで支えた献身性が光る藤田だが、「ボールを渡したらほぼゴール前まで行ってくれるので、どちらかと言えば僕は楽でした」と事も無げにプレーしていたようだ。大会後に発表された大会優秀選手には、決勝で先発した中盤5選手と準決勝まで1トップに入っていたFW岩本悠輝(3年)が選出されている。「正直、狙っていた」と背番号18は笑みをこぼした。

「プロになりたくて、厳しい環境に身を置きたかった」という藤田は、地元・滋賀県を離れて静岡学園へ進学した。藤田をはじめ、左SHの小山、左SBの西谷大世(3年)、ベンチ入りしていたDF田中太晟(3年)は中学年代は同じセゾンFCでプレーしていた。「そのメンバーで優勝できて、すごくうれしいです」と感慨深く語った藤田は、卒業後に地元のびわこ成蹊スポーツ大学でサッカーを続ける。

(取材・文 奥山典幸)
●【特設】高校選手権2019

TOP