beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

FW宇佐美が逆転1G1A! G大阪が今季初の連勝達成、現役大学生2人起用の大分は再開後初黒星

このエントリーをはてなブックマークに追加

1ゴール1アシストのガンバ大阪FW宇佐美貴史

[7.18 J1第5節 G大阪2-1大分 パナスタ]

 J1リーグは18日、第5節を各地で行い、ガンバ大阪大分トリニータを2-1で破った。優勢を保っていた前半に先制点を献上したが、FW宇佐美貴史の1ゴール1アシストで逆転。本拠地パナスタの観客入場解禁初戦で白星を収め、今季初の連勝を達成した。

 ミッドウィークの試合はなかったため、互いに1週間ぶりの公式戦。ホームのG大阪は前節の清水戦(○2-1)から1人を入れ替え、MF倉田秋に代わってMF小野裕二を入れた。対する大分は前節神戸戦(△1-1)から4人を変更。DF羽田健人、MF小林裕紀、DF三竿雄斗、FW渡大生が新たに入った。

 先にスコアを動かしたのは劣勢が続いていた大分だった。前半33分、右サイドでMF松本怜がタメをつくり、DF岩田智輝が相手の背後にスルーパスを送ると、古巣対戦となったMF田中達也が持ち前のスピードで突破。クロスはマイナス方向に流れたかと思われたが、うまく相手守備陣の前に飛び込んだFW渡大生が強烈なヘディングシュートで押し込んだ。

 それでもG大阪は前半36分、立ち上がりから再三続いていた分厚い攻撃をしかけると、ペナルティエリア内でターンした小野瀬が岩田のスライディングを誘ってPKを獲得。これを宇佐美が落ち着いて右に決め、すぐさま同点に追いついた。

 さらに後半3分、大分は高木からのパスを受けた羽田がボールを持ち上がろうとしたが、ここに鋭いプレッシングをかけた宇佐美がスライディングでボール奪取。ショートカウンターをスタートすると、横パスを受けたアデミウソンがDF鈴木義宜をかわして左足シュートを沈め、逆転に成功した。

 大分は後半8分、ミスが出た羽田に代わってDF高畑奎汰を投入。さらに小林を下げてMF島川俊郎を入れ、一度に2枚の交代カードを切った。対するG大阪はアデミウソンと小野に代わって倉田とFW渡邉千真を入れると、大分はすかさず渡を下げて鹿屋体育大在学中の特別指定選手FW藤本一輝を起用。藤本はこれがJデビュー戦となった。

 大分は後半21分、左サイドでターンした藤本が果敢なドリブル突破からシュート。藤本はその後もワンツーから左サイド深くをえぐる場面も見せるなど、大分の反撃の中でたしかな存在感を放った。それでも34分には福岡大在学中のMF井上健太も入れ、大学生アタッカー陣で攻勢をしかけたが、得点は奪えず。大分は再開後初黒星を喫した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP