beacon

C・ロナウドは大記録達成、ユベントス次節にも9連覇決定へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ユベントスラツィオとの上位対決を2-1で制した。4試合ぶりの勝利となり、勝ち点は80に到達。残り4試合で2位インテルとの勝ち点差は8となっている。

 9連覇に大きく近づいた。前半から試合を優位に進めたユベントスは後半6分にFWクリスティアーノ・ロナウドがPKを決めて先制。同9分にもFWパウロ・ディバラのラストパスからロナウドが難なく決めて、一気に突き放した。

 一方のラツィオは後半38分にFWチーロ・インモービレがPKを決めて1点を返す。しかし反撃はこの1点のみ。リーグ再開後不調のラツィオはこれで5戦勝ちなし。勝ち点は69のままで優勝争いから脱落した。

 得点王争いはし烈。試合前までは29得点のインモービレを、28得点のC・ロナウドが追う展開となっていたが、この試合の結果でともに30ゴールで並ぶことになった。

 なおC・ロナウドはセリエA通算50ゴールを達成。61試合での到達は史上最速となった。またロナウドはプレミアリーグで118ゴール、リーガ・エスパニョーラで450ゴールを決めており、『Opta』によると、該当3大リーグそれぞれで50ゴール以上を決めた史上初の選手になった。

 優勝が目前となったユベントスの次節は23日、敵地でのウディネーゼ戦。次々節は26日でホームでDF吉田麻也の所属するサンプドリアとの対戦になる。

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

TOP