beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

清武2戦連発の2位C大阪が連勝! 横浜FCは中村俊輔投入から怒涛の追い上げも連勝止まる

このエントリーをはてなブックマークに追加

清武弘嗣が2得点に絡み、2位C大阪が連勝

[8.30 J1第13節 横浜FC1-2C大阪 ニッパツ]

 J1第13節が30日に行われ、セレッソ大阪横浜FCに2-1で競り勝った。先制点を挙げたMF清武弘嗣が2得点に絡む活躍を見せ、C大阪は2連勝。横浜FCは終盤怒涛の追い上げを見せたが、連勝は3でストップした。

 前半14分、C大阪が幸先良く先制に成功した。MF奥埜博亮からの鋭い縦パスをFW高木俊幸がワンタッチで流し、清武が反応。清武は相手DFをかわして持ち出すと、左足シュートをゴール右隅に突き刺し、2試合連続ゴールを挙げた。

 前半38分にはDF片山瑛一がサイドチェンジのクロスを供給し、DF松田陸がワンタッチで前のスペースにパスを出す。抜け出したMF坂元達裕がPA内に侵入して左足で狙ったが、これはDF袴田裕太郎がブロック。前半44分、片山の強烈な右足シュートはGK六反勇治が好セーブで阻み、1-0で前半を折り返した。

 ハーフタイム明けにC大阪は高木を下げてDF木本恭生を投入し、奥埜がボランチから前線へ上がった。1点を追う横浜FCは攻勢を強め、FW一美和成やMF手塚康平がシュートを狙ったが、次の一点はC大阪が奪った。後半13分、カウンターから清武が左サイドをドリブルで持ち上がり、エリア内に侵入。細かいタッチで切れ込むと、守備網に引っかかったが、こぼれ球に奥埜が反応。奥埜がラストパスを出し、FWブルーノ・メンデスが左足ダイレクトで押し込んだ。

 2点ビハインドとなった横浜FCは後半31分にMF中村俊輔とMF齋藤功佑を投入。中村は6試合ぶりの出場となり、ボランチの一角に入った。この交代策から攻勢を強めると、後半41分、DF志知孝明からの浮き球パスをFW斉藤光毅が胸で落とし、抜け出したMF松尾佑介が右足で突き刺した。

 松尾は2試合連続ゴールで4戦4発。1点差に詰め寄り、DF星キョーワァンを最前線に投入するパワープレーに出ると、怒涛の追い上げを見せたが、反撃は及ばず。1-2の敗戦で連勝は止まり、4試合ぶりの黒星を喫した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP