beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

宮代大聖のJ1初ゴールが決勝点!! 首位川崎Fが神戸との接戦制す

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW宮代大聖が決勝ゴール

[9.9 J1第15節 川崎F3-2神戸 等々力]

 J1第15節が9日に行われ、川崎フロンターレヴィッセル神戸に3-2で競り勝った。FW宮代大聖のJ1初ゴールが決勝点となり、首位川崎Fは3連勝を飾った。

 川崎Fは横浜FM戦から4人を入れ替え、DF登里享平、FW旗手怜央、FW齋藤学、FW小林悠が先発に復帰。4-2-1-3のフォーメーションを採用した。対する神戸は3-5-2の布陣で、湘南戦から4人を変更。GK飯倉大樹、DF菊池流帆、MF西大伍、MF安井拓也が先発に戻った。[スタメン&布陣はコチラ]

 川崎Fが幸先良く先制に成功した。前半7分、齋藤がPA左を縦に仕掛けてクロスを入れると、こぼれ球にMF守田英正が反応。守田はフリーで左足を振り抜くと、シュートはDF渡部博文の手に当たってわずかにゴール右へ。川崎FがPKを獲得すると、キッカーのFW小林悠が右足でGKの逆を突き、先制のネットを揺らした。

 川崎Fは前半17分、家長のパスで抜け出した小林がクロスを入れ、飛び込んだMF大島僚太がジャンピングヘッドで狙うなどチャンスを作った。神戸も押し返し、前半23分に試合を振り出しに戻した。西のパスを受けたFW藤本憲明が相手DFを背負って反転し、体勢を崩しながらラストパス。抜け出したFW古橋亨梧が右足で蹴り込み、1-1に追いついた。

 後半立ち上がりは川崎Fペースだったが、旗手が担架で運び出され、後半11分にMF三笘薫が投入された。すると、次の一点を奪ったのは神戸だった。後半14分、西がワンタッチでスルーパスを通すと、抜け出したFW山口蛍が右クロス。素早く走り込んだ藤本が押し込み、神戸が逆転に成功した。

 神戸は後半27分、西からのロングパスを受けた古橋がPA内に侵入して左足を振り抜いたが、強烈なシュートは惜しくもクロスバーを叩いた。拮抗した展開が続くと、後半36分にFWレアンドロ・ダミアンが倒され、川崎Fが再びPKのチャンスを獲得。L・ダミアンがきっちりと沈め、2-2。さらに後半40分、MF脇坂泰斗のスルーパスを受けた宮代が右足で突き刺し、勝ち越しに成功。宮代のJ1初ゴールが決勝点となり、川崎Fが接戦を制した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP