beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

川又の2発でトンネル抜けた千葉、愛媛に完封勝利で7試合ぶり白星

このエントリーをはてなブックマークに追加

2得点を奪ったジェフユナイテッド千葉FW川又堅碁(写真は6月27日のもの)

[9.12 J2リーグ第19節 愛媛0-2千葉 ニンスタ]

 J2リーグは19日、第19節を開催し、ニンジニアスタジアムでは愛媛FCジェフユナイテッド千葉が対戦。前半3分と同44分にFW川又堅碁が得点を奪った千葉が、愛媛の反撃を許さずに2-0の完封勝利を収め、7試合ぶりの白星を獲得した。

 ホームの愛媛は9月9日に行われた前節・北九州戦(●0-1)から先発5人を入れ替え、MF田中裕人、MF渡邊一仁、MF西岡大志、DF前野貴徳、GK岡本昌弘らを先発起用。一方、ここ6戦未勝利(1分5敗)と白星から遠ざかっている千葉は前節・新潟戦(●1-3)から先発6人を入れ替え、FW川又堅碁、MF為田大貴、MF矢田旭、MF見木友哉、DF鳥海晃司、DF本村武揚らがスターティングメンバ―に名を連ねた。

 試合開始早々の前半3分に試合を動かしたのはアウェーの千葉だった。タッチラインを割りそうになったボールを粘ってキープした為田が左サイドをドリブルで持ち上がると、中央を確認してラストパス。走り込んだ川又が左足ダイレクトで合わせたシュートは岡本に触れられながらもゴールを陥れ、スコアを1-0とした。

 1点のビハインドを背負った愛媛は、ボールを保持してフィニッシュまで持ち込む場面を作り出すが、GK新井章太を中心した千葉ゴールをこじ開けることができず。すると前半43分、右サイドからPA内に侵入した本村がMF長沼洋一のファウルを誘って千葉がPKを獲得すると、川又がきっちりと沈めてリードを2点差に広げた。

 2-0と千葉がリードしたまま後半を迎えると、愛媛はFW有田光希、MF山瀬功治、MF川村拓夢の3枚を投入して状況を打開しようと試みる。後半12分には左サイドから長沼が送ったクロスを、ファーサイドにフリーで走り込んだFW丹羽詩温が右足で狙うも、好反応を見せた新井章太に阻まれてしまう。

 後半25分にFW藤本佳希、同39分にFW吉田眞紀人と攻撃的なカードを切ってゴールを狙った愛媛だったが、最後まで得点は生まれず。逃げ切った千葉が2-0の完封勝利を収めた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP