beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

発送後に不良品と判明…富山が謝罪「大変不快な思いを」

このエントリーをはてなブックマークに追加
 カターレ富山は28日、販売商品「2020選手ミニのぼり旗」が不良品であることが判明したと発表した。

 同商品は9月に受注販売し、すでに発送していたが、印刷不良(印刷状態が悪く不鮮明)であることが分かったという。発生原因は「メーカーの印刷機械不調により不良品が発生」「メーカーの出荷前検品、またクラブの納品後検品が不十分であり、不良品をお客様へお届けしてしまった」と説明している。今後の対応として、購入者にはメーカーから正規品を再送。予定は11月上旬としている。

 クラブは公式サイト上で「この度は販売商品の不良により、お客様に大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした」と謝罪。「今後、他のグッズも含め、メーカーでの生産管理と、メーカー、クラブの検品体制を見直し、再発防止に取り組んでいく所存です」と表明し、「引き続き、変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます」とした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP