beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

左SBでフル出場の中山雄太「信頼を勝ち取れるようにアジャストしたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表DF中山雄太

[11.17 国際親善試合 日本0-2メキシコ グラーツ]

 日本代表は代表活動再開後、初失点&初黒星を喫した。ワールドカップ7大会連続ベスト16のメキシコ代表に0-2の完封負けを喫し、東京五輪世代のDF中山雄太は「分析通り力強くてしっかりとボールをつないできて、前線のパワーを凄く感じた。力のあるチームだった」と印象を語った。

 前半は日本がペースを握り、前半12分にはMF原口元気が強烈なミドルシュート。さらに前半15分、FW鈴木武蔵、MF伊東純也が立て続けにシュートを放つ絶好の先制機を迎えたが、チャンスに決め切れなかった。善戦した前半を、中山は次のように振り返る。

「前半は守備がハメられているシーンが多かったし、そこから流れをつかめた実感はあります。でも、奪ったボールを相手に取られて、ショートカウンターを食らって失点になりそうなシーンはあった。そういったシーンが後半相手に流れを渡してしまうことにつながっていたかなと思うので、改善していきたい。前半はその中でもチャンスをつくれたのはポジティブですが、結果点を取れていないことは課題になってくると思います」

 後半は徐々に主導権を奪われ、後半18分、23分と立て続けに失点。そのまま0-2で試合を終えた。「失点の時間帯はチームとして耐えなければいけない時間帯だった。そこで耐えきれなかった脆さというのは、もっと力をつけていなけなければならないと感じた」と2失点を悔やんだ。

 所属チームではアンカーを持ち場とするが、左サイドバックでフル出場。「監督からは複数のポジションで、より高いレベルでやってほしいと言われている。ここ(代表)で信頼を勝ち取れるように、サイドバックにしっかりアジャストしていきたい」と意欲をにじませた。

TOP